インド人女性は我が身をアプリで守る

インド人女性は我が身をアプリで守る 1

スマホ、有効につかっていますか?

一般的には、いろんなアプリを活用してゲームを楽しんだり、ストレス発散をしたり、知識を増やしたり、新しい出会いがあったりなどなどいろんな使い方をしている人がいると思います。そして、インドでは、女性たちにとってスマホのアプリは彼女達自身を守るための大切なツールになっているんです。

日本ではあまり知られていないかもしれませんが、インドでは性的暴行事件が多く起きているそうです。そして、去年の12月ニューデリーで23歳の女子大生が映画を観た後、帰宅しようと道をあるいている時に集団暴行を受けてしまったんです。その事件を機に、リアルタイムで、どこで事件があったのか?教えてくれるマップSafeTrac」を利用して、自分たち自身を守ろう!というムーブメントが起こり、利用者が増えているそうです。

ちなみにSafety websitesのチームが開発したアプリSafeTracは、下記の7つのカテゴリー別に緊急連絡警報ボタンがついています。

  • 口笛をふかれた
  • いやらしく声をかけられた
  • いやらしくジロジロみつめたり不安にさせられる顔の表情をされた
  • 写真を撮られた
  • 触られたり痴漢行為をされた
  • 露出狂出没
  • 性的にせまられた

ユーザーはリアルタイムで、これらの危険が起きた場所を知ることが出来るんです。 Sate Trac以外にも警察が提供しているFight BackICEのような似たアプリも徐々に利用者が増えているそうなので、それぞれのアプリを組み合わせて活用すれば、かなり危険を回避できるかも!? 

これがあれば絶対に大丈夫ってことは無いですけど、犯罪が起きやすいエリアも分かるし、リアルタイムでどの道を歩いたほうが良いのか?など身を守るための安全策が取れますよね。ただ、問題となっているのはインドの女性たちは都会でも地方でもスマホを買う余裕がない人達が多いという事...。

こういったアプリで危険を察知できるという方法をとりつつも、根本的に治安が良くなるような方向に進んでいくといいんですけどね...。

AFP

-Lily Newman(原文/junjun)