プロジェクションマッピングでビリヤードをもっとゴージャスに(動画)

ビリヤードは面白いゲームです。9つのボールと棒と台だけであんなに面白いなんて、考えた人はすごいなと思います。必要な頭の良さを技術のバランスもいいです。でも、欲を言えば見た目がちょっと地味。緑の台の上に、9つのカラフルなボールが舞っていく様子も美しいですが、もっと演出があってもいいんじゃないという気がします。

とそんなような事を考えた人たちが、開発したのがオープンプール(OpenPool)です。プロジェクター2つのキネクトを使って、ビリヤード台を演出します。キネクトによって、ボールの位置にあったプロジェクションマッピングが実現します。

オープンプールはオープンソースなので、誰でも開発する事ができます。動画では、プールとかけているのでしょうか、ビリヤード台が水中という設定ですが、もっと色々なデザインが出てくると楽しいですよね。

オープンプールのお値段はビリヤード台も含めて、だいたい1万ドル(約96万円)。んー、プールバーとかで導入してもらいたいな、という感じですかね。ちょっとお高め値段設定でも、行ってみたいです。

OpenPool h/t Engadget

mio(米版