国立競技場のコンペに勝った建築家が、中国の文化施設のコンペにも勝ったよ

2013.03.14 09:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

130313chineseartsandculture.jpg


新しいゲームかな?と思ってしまいそうな画像ですが、中国長沙市に実際に建設される予定のインターナショナル文化芸術センターの様子です。長沙市は毛沢東の出生地、湖南省の省都です。市内には、経済技術開発区などがしかれ、中々リッチな市でもあるようです。

建設される文化芸術センターは、1800席の大ホール美術館500席の小ホールの3つの建物から成ります。それぞれの建物は歩行者用通路によって結ばれます。
大ホールは世界クラスのパフォーマーのための舞台になる予定で、小ホールの方はもっと閉鎖的なイベント、ファッションショーやプライベートコンサートに使われる予定です。それぞれの建物にはレストランやバーなどパトロンをおもてなしするための施設がついています。

パッと見て分かった方もいらっしゃると思いますが、設計はもちろんザハ・ハディドです。先日、国立競技場の案に優勝した事で彼女の名前を聞いた人も多いかもしれません。

ザハがコンペに勝つといつも思うのは、施工業者はどこになるんだろうという事です。施工、大変そうですよね。


130313chineseartsandculture2.jpg


130313chineseartsandculture3.jpg


130313chineseartsandculture4.jpg



Zaha Hadid via Tuvie

mio(米版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ザハ・ハディッドは語る (The Conversation Series)
  • ハンス・ウルリッヒ・オブリスト,ザハ・ハディッド|筑摩書房
・関連メディア