世界初の踏み間違い防止アシストを体験してきました(動画あり)

世界初の踏み間違い防止アシストを体験してきました(動画あり) 1

年はとりたくないものです...

オートマ車でよく聞くアクセルとブレーキの踏み間違い事故。コンビニに突っ込んだり、立体駐車場から落ちたりとちょっとしたことなのに重大事故につながります。普通間違えないよ、気付いたらすぐブレーキを踏み直せばいいじゃないと思いがちですが、この事故が多いのは高齢者。分かっても即座に反応できず、アワアワしているうちにドーン! っといっちゃうことがあるそうです。

そ・こ・で、日産が世界にさきがけて開発したのがこの「踏み間違い防止アシスト」機能。

四隅に装着されたカメラ超音波ソナーを駆使し、前後に障害物があった時は自動的にブレーキをかけたり、アクセルを踏み間違いしたかを判断して加速させないように制御してくれます。詳しい説明はこちらの動画をどうぞ。

実際に私もアクセルの踏み間違いをやってみました。前に障害物があるのに、アクセルを全開にしてみてもクルマはゆっくりしか進まず、警告音がけたたましく鳴り響いて知らせてくれます。

最後の最後はちゃんと自分でブレーキを使って止まる必要があるので、全自動というわけではありません。あくまでもドライバーは人間ですからね、自分の手足で制御するのが大事。

飛行機などはパイロットを補助する機能、フェールセーフがたくさんありますが、感覚的にはそれに近い感じでしょうか。これ以外にも日産は飛行機のフライ・バイ・ワイヤー技術に近いステア・バイ・ワイヤーを開発していて、これは完全にハンドルがタイヤから切り離されたもの。何かあったらクラッチを接続して物理的に動かせるようにはしているそうですけど、基本は全部電気とモーターによるフィードバックです。ゲーム「グランツーリスモ」のハンドルコントローラのようなイメージ。横風やわだちでハンドルを取られることが少なくなるのがメリットで、今年デビューの新型車に搭載するというのですからますますハイテクが進みそう。

年をとって反射神経が鈍ったり、不注意による事故を未然に防止してくれるのは助かりますね。

日産エルグランド:踏み間違い衝突防止アシスト

(野間恒毅)