Facebookで一番ドン引きされる行為

130315fb.jpg

これのどこがキモいか見てわかります?

訳者は最初わからなかったのだけど、このイイネは見る人が見るとかなりドン引きらしいですよ、気をつけようね...。

これから交際を考えている相手、採用を考えている相手のことはFacebookのプロフィールも念入りにチェックするものです。そしてプロフィールの中でも一番のチェックポイントは、そう、顔タグつけられた写真!

友だちと肩組んで撮った写真、寮、乾杯、結婚式、プロム...そこには日常のありのままが...ついつい見る方も「あ~昔は痩せてたんだな~」「ははは、こんな馬鹿なことしてる」とか思って逸る気持ちを抑えながら右矢印をタップしてタップ、どんどん加速していったりしますよね。

でも大体の人は何十枚かで満足して帰ります。

が、中には掘り進むうちハッと気づいたら最後の1枚になっちゃってた...なんて人も。クリック、クリックで時空を超え、ついには原始フェイスブックの火成岩までクリックスルー。そこで満足して帰れば良いものを、中には調子こいてやっちゃう人もいるわけですよ。エベレストのてっぺんに登頂記念に旗立てる登山家のように...

イイネ!

を。

こ れ は 絶 対 や っ て は い け ま せ ん。

いついかなる状況下であっても最初の1枚はイイネしないことです。やったら最後、共通の友だち全員に「この知り合いの写真全部最後までスクロールスルーしました」と声を大に宣言することになります。

2006年にアップロードした写真が今頃になってニュースフィードに流れてくると結構悪目立ちするものなのね...。イイネされた本人にも見えるので、「やだ、あんな古いのまで見たの?ゾゾ...」って身構えられてしまいますよ。

よって深い意味なかったらイイ写真だと思ってもイイネはせずにローカルに保存しといた方が賢明ですよ。それだったら後でいくらでも取り出して眺められるので(←そっちの方がよっぽど気味悪いっつーねん!)。

Sam Biddle(原文/satomi)