ガジェット・マニア垂涎。超ガジェッティーな世界のホテル

ガジェット・マニア垂涎。超ガジェッティーな世界のホテル 1

上の画像の右側、どんな状況だと思います?

これは自分の姿がホテル内のビデオ・インスタレーションとして映しだされているところ。つまり、自分がホテルを飾るアートの一部になっているんです。ここは電子アーティストのラファエル・ロサーノ=ヘメルさんが手がける「ブロウ・アップ・ホール 5050」というポーランドのホテル。

しかもこのホテル、自分で泊まりたい部屋を選べません。宿泊者は、予約時に受ける性格テストに応じて選ばれた客室に案内されるのだそう。自分ではなくホテルが部屋を選ぶ...なにそれ斬新!

そしてこのホテルのルームキーはiPhoneなんです。チェックイン時に渡されたiPhoneをナビゲーターとして使って部屋までたどり着くシステムみたい。いいね。

ギズのお姉さんメディア「カフェグローブ」では、このホテルのほかにも244cm×152cmの巨大LCDスクリーンがある日本のポップカルチャーをテーマにしたホテル、タブレットでチェックインできるウォール街のホテルといったガジェッティーなホテルをまだまだ紹介してますよ。下記リンクからどうぞ。

テクノロジーを楽しむ異空間。世界中にあるハイテクなホテル[カフェグローブ]

(ギズモード編集部)