東芝が業界最薄のスマホ・タブレット向け1300万画素カメラモジュール発売

130329TCM9930MD.JPG

1300万画素だって。

東芝は、スマートフォンやタブレット向けに、1/3インチ1300万画素CMOSイメージセンサー搭載カメラモジュールを製品化。5月よりサンプル出荷すると発表しました。

このカメラモジュール、このクラスでは業界最薄の厚さ4.7mm。画面の歪み補正や解像度復元処理を行う独自の専用LSIを搭載。これにより、画質低下となるレンズ構成の変更をせず、サイズダウンに成功しています。

最近はスマホもタブレットPCも、カメラがついていて当たり前。ただついているだけじゃだめで、画質もしっかりしてないとって感じですから、こういう小型化と高画質を両立したカメラモジュールの需要は高まりそうです。

価格は1つ7000円。12月より量産化の予定です。

スマートフォン・タブレット向け カメラモジュールの発売について[東芝]

(三浦一紀)