使い方は無限大! バンダイのスマートパンツ開発者にお会いしてきたよ

使い方は無限大! バンダイのスマートパンツ開発者にお会いしてきたよ 1

これはガシャポン回し続けるでしょ。

スマートパンツの記事を3月7日に掲載しましたが、かなり大きな反響がTwitter・Facebookで寄せられ、このネタ書いてよかった!と思ってた矢先、弊社メディアジーン緒方さんから「これ作ったの僕の同級生ですよ」という一報。こんな偶然があるもんなんだなぁーと思いつつ、連絡のやり取りをしてバンダイへ取材に行ってきました。

使い方は無限大! バンダイのスマートパンツ開発者にお会いしてきたよ 2
写真はスマートパンツをメインで開発されたバンダイ ベンダー事業部 企画・開発チームの森内さん。


トップ写真はスマートパンツ(ブリーフ)と森内さんのiPhone 5です。待ち受け画像として用意したという「えっ!! あなたのスマホ、まだ裸なの?」もナイス。スマホを裸で使うのは過去となった瞬間です。

使い方は無限大! バンダイのスマートパンツ開発者にお会いしてきたよ 3

スマートパンツは全8種類ありますが、シークレットはまだ解禁前(3月6日取材)だったので7種類だけ写真でどうぞ。

使い方は無限大! バンダイのスマートパンツ開発者にお会いしてきたよ 4

右上から①真っ赤なTバック②ブーメラン③ヒョウ柄Tバック④ボクサーパンツ⑤ブリーフ⑥しまぱん⑦いちごパンツ

この7種にシークレットを足した計8種類がラインアップ。

僕はこのスマートパンツを見てから一目惚れしてしまい、こんなアイディアがあったんだな...と脳天を直撃されたような気分でした。ほんとに素晴らしい。

ここからは開発者のバンダイ森内さんにお話しを聞いてきたので、そちらのインタビューをどうぞ。

「パンツにしてこんなに矛盾がないアイディアってあるんだな...と」

使い方は無限大! バンダイのスマートパンツ開発者にお会いしてきたよ 5

ギズ:はじめに開発経緯をお聞きしたいんですが、最初はどうやって始まったんですか?

森内さん:はじめは、上司と企画を出す前の段階で、キャラクターに普段触れていないユーザーにもガシャポンに興味をもってもらえるモチーフを考えている中で、パンツでなにかできないの?となりました。「はっ」とひらめき、スマートフォンに履かせたら面白いのではというっていう風になって、すぐ紙でサンプルを作って、履かせてみたら見た目もおもしろいし、ホームボタンを守れるし、スピーカー・イヤホンの邪魔にならない。

こんなに矛盾がないアイディアってあるんだな...と。

ギズ:「ホームボタンを守る」っていうコンセプトが最初にあったんですか?

森内さん:先にお話したとおりパンツというモチーフが先行してありました。「ホームボタンを守る」というコピーは後からですね。

シークレットは期待を裏切らないデキ!

ギズ:ネットの反応を見てると「この企画よく通ったな」というつぶやきがあったんですが、すんなり通ったものなんですか?

森内さん:いや、なかなかやっぱり、パンツっていうモチーフ自体が難しかったですね。ただ、僕がコンセプト動画を作りまして。なぜパンツを履くのか? スマートフォンが履かないのはおかしい! というロジックで企画会議を通しました。通ったあとも大変だったんですが...。

ギズ:大変だったんでしょうね。企画が通った後はパンツの調査とかはどうされてたんですか?

森内さん:ネットの画像検索でずっと検索してました。僕の席の後ろの方にはずっとパンツを調べてる奴だなと思われてたはずです。あだ名が「パンツ」になったときもありました。

ギズ:パンツを調べててよく当たるサイトとかありましたか?

森内さん:有名下着メーカーさんのサイトはよく参考にさせていただきましたね。カタログをもらってきたりして。

あとは開発サンプル用のパンツを数種類下着屋さんにうかがって調達してスマートフォンに見立てた雑誌に履かせてデッサンをして、自分で形状と柄をデザインしました。

ギズ:スマートパンツはiPhoneで使われる前提で作られたんですか?Androidはボタンが多いから守れないボタンがありそうですけど。

森内さん:iPhone前提ではなく、Androidを含むスマートフォン全体を意識して作りました。ガシャポンで、ギャグを買ってもらえれば!と思っています。

ギズ:そこまで神経質になるほどのものでもないっていう感じなんですね。ちなみに、タブレット展開も考えられてるんでしょうか?

森内さん:形状的にそこは割り切ってまして、(スマートフォンの)下の画面に被らないところで勝負をしないといけないと思っていて、タブレットみたいに大っきくなっちゃうと横伸びしてしまうので、今は考えていないですね。

130311smartpants6.JPG

ギズ女:ふんどしはないんですね。

森内さん:ふんどしはいいかな...と。今回はパンツのラインナップにこだわりました。

ちなみに、ブーメランパンツにはミソがありまして...これは他のスマートパンツと違って、ホームボタンがちょっとだけ見えちゃうんですよ。「守る触る魅せる」というのがブーメランパンツの特徴なので、スマートパンツにも反映しました。

ギズ:森内さんはパンツがお好きなんですか? 

森内さん:そうですね!好きです。

ギズ:触ってみて分かったんですが、スマートパンツはシリコンだから汚れは付きそうにないですね。

森内さん:ネットを見てると、使ってると汚れてくるんじゃないか? っていう意見もありましたけど、シリコンなのでそこまで汚れは付かないんじゃないかと思います。

ギズ:ホームボタンはパンツの上から押す感じですよね?

森内さん:そうですね。これもネットを見てると、パンツの上からとか、毎回パンツ脱がすのめんどくさいとか、さまざまなご意見があがっていましたが、あくまでギャグアイテムですのでご自由にしていただければと思っています。

ギズ:しまパンがこれほどまで人気があるとは思いませんでした。

森内さん:しまパンはワールドスタンダードですからね。実際のところ、しまパンといちごパンツは都市伝説なんじゃないかと思いますが...。絶対に入れたかったラインナップです!

ギズ男:(ギズの女性スタッフに向かって)しまパンといちごパンツ持ってる?

ギズ女:持ってないです!

使い方は無限大! バンダイのスマートパンツ開発者にお会いしてきたよ 6

真っ赤なTバックをずらしたところ。これは妙なエロスを感じる...

ギズ:スマートパンツを手にされた方にはどんな風に使ってもらいたいですか?って聞こうとしたんですけど、使い方は自由なんですよね。

森内さん:そうですね。ケース変えたり、待ち受け変えたり。楽しみ方は無限大ですね

ギズ:「楽しみ方は無限大」いいですね。これタイトルに使えるなぁ。楽しみ方は無限大...ブツブツ

ギズ:そういえば、どこかのネットショップさんでは1万円で販売されてましたけど...

森内さん:1回200円のガシャポン商品です。

ギズ:そうですよね。1万は高いなー。最後に写真を撮らせてもらっていいですか?

森内さん:はいどうぞ!

こんな感じで取材が進んでいました。森内さんは学生の頃からギズモードを読んでもらっていたようで、こちらとしても楽しく取材をさせていただけました。

スマートパンツは3月25日頃より発売開始(地域によって異なります)。1回200円でガシャポンが回せます。ブリーフだけ手に入ればいいやと思ってたけど、シークレットを見た後にはシークレットも欲しくなっちゃいました。

情報解禁前なのでここで書けないのが残念ですが、シークレットは期待を裏切らないデキです。シークレットのために回すぞー!

最後に、このスマートパンツ全種類セットをバンダイさんからプレゼント用にいただきましたので、1名様にプレゼントします! Twitterで #smartphoshii とハッシュタグ付きでつぶやいてくださいませ。@gizmodojapanアカウントからDMをお送りさせていただきます。(@gizmodojapanのフォローを忘れずに)

スマートパンツ | 商品詳細 | ガシャポンワールド

大野恭希