また! Subwayのギフトカードシステム、ハッキングされる

また! Subwayのギフトカードシステム、ハッキングされる 1

Subwayまたまた狙われちゃいました。

2011年に、ルーマニア人がSubway150店舗と小売業者のカードシステムにハッキングして300万ドル(約2億8千万円)を盗んだということで起訴された事がありましたけど、またです。

今回はカルフォルニアのサンバーナーディーノで、Sean Holdtの名で知られているShahin AbdollahiJeffrey Thomas Wilkinsonが不正に改ざんした店舗販売情報を管理するコンピューター12台を、Subwayの店舗にトンネル会社を通じて販売したんです。その後遠隔アクセスで、盗んだクレジットカード番号を使用してSubwayギフトカード40000ドル(約380万円)分を盗んだそうです。そして彼らは5ドルのSubwayギフトカードをeBayで販売していました。実際に人々は盗難品とも知らずに購入してしまっていたそうです。

2年前に比べて今回は小額の時点で発覚しましたけど、Subway脇甘すぎかも!?

Ars Technica

-Eric Limer(原文/junjun)