Twitterのシステムに特許承認

Twitterのシステムに特許承認 1

申請から約5年、ようやく。

Twitterがついに、Twitterのシステムについて特許を取得しました。今まで取ってなかったんだ! と逆に驚くんですが、2008年に申請したものが今週承認されたんです。発明者として名を連ねたのはTwitterの創業者、ジャック・ドーシーとビズ・ストーンです。

その特許では、ユーザーが相互にフォローし合い、メッセージの受信者は不特定というTwitterの仕組みが説明されています。特に特許文書の中では「送信側がメッセージの行方を把握する必要がない」という点がとても強調されています。

このシステムでは、デバイスに依存しないひとつのポイントから、複数のポイントのコミュニケーションができる。行き先のエンドポイントは、大元のエントリーポイントから独立で、メッセージの送信者はエンドポイント、またはエンドポイントに結びつくユーザーのアドレスを知る必要がない。

この特許を手にしたTwitterが、これから競合他社に対して特許訴訟を起こしまくるのかというと、そうはしないようです。彼らは特許は防衛のためにしか使わないと公言しているんです。TwitterはThe Vergeに対し、以前公式ブログでも述べられた以下の考えを示しています。

多くの企業と同様、我々はたくさんの発明を特許申請しています。我々はこれらの特許が将来どう利用されるかも深く考慮しています。そのため我々は「Innovator's Patent Agreement」(イノベーターの特許契約)を打ち出し、それぞれの特許を(発案者である)エンジニアとデザイナー自身がコントロールできるようにしているのです。

特許といえば訴訟とか、利用して副収入みたいな話が多い中で、良い話ですね。

USPTO via Verge

Jamie Condliffe(原文/miho)