よく使うアプリ・機能がすぐそこ! VIERAの「マイホーム」はテレビなのにスマホみたいな使い勝手

Sponsored

130311viera_top.JPG

最新のVIERAってここまで使いやすくなっているのかー!

最近ではテレビ画面を見ながらスマホやタブレットを使う人が増えてきているのではないでしょうか? 実際、僕もそのような2スクリーン的な使い方が多いのですが、それだと肝心のテレビ番組のほうが見られないという不便さもありますよね。

でも最近発売されたばかりのパナソニック VIERADT60シリーズには、そんな楽しみ方がテレビのホーム画面上でできちゃう「マイホーム」という機能が搭載されているらしいですよ。

テレビのホーム画面を自分の好みに合わせてアプリ等でカスタマイズできる機能で、これがあればテレビでネットをしたり、SNSでシェアしたりといったことがとても簡単になるみたいです。

今回は、以前のUSTREAM企画でプレゼンターを務めたサッシャさん(トップ画像)と一緒にこの「マイホーム」機能を体験。さっそくサッシャさんにご自分のホーム画面を作ってもらいましたよ。

「マイホーム」で自分専用のホーム画面に

130311viera_myhome01.JPG

まずはテンプレート選びから。デフォルトで数種類のテンプレートが用意されているので、作るのは簡単です。

サッシャさんが選んだのはアプリがたくさん置けるタイプのホーム画面。家電・ガジェット好きらしいチョイスですね。ここでホームの名前や壁紙も設定できます。

130311viera_myhome02.JPG

テンプレートを選んだら、使いたいアプリや機能を置いていきます。サッシャさんの場合、やっぱりウェブ系のアプリが多そうですね。ラジオパーソナリティとして活躍しているだけあって「Radiko」もちゃんとセレクトしています。

今までのスマートテレビのホーム画面ってゴチャゴチャした印象でしたが、ユーザーが使いたいアプリや機能だけを置けるのでスッキリしていて無駄がありません。これは使いやすそう。

130311viera_myhome03.JPG

そして完成したサッシャさんのホーム画面がこれ。テレビ番組のすぐ下に番組表と2画面機能があるので、2つの見たい番組がすぐ見られますね。海辺の壁紙が爽やか。ちなみに、この壁紙は自分の好きな画像に変えることができます。

よく使うアプリ・機能がすぐそこ! VIERAの「マイホーム」はテレビなのにスマホみたいな使い勝手 1

右側はYouTubeやSkype™、Radikoといったネット関連のアプリがメイン。サッシャさん的には、よく使う2画面やRadikoが一発で出てくるのがお気に入りだそうです。

よく使うアプリ・機能がすぐそこ! VIERAの「マイホーム」はテレビなのにスマホみたいな使い勝手 2

下の方に世界時計があるのもインターナショナルなサッシャさんならでは。Skype™で海外に電話するとき用かな? 実に「らしい」ホーム画面だと思います。ホーム画面とかデスクトップってみんなの個性がよく出るところだから面白いですよね。

このようにユーザーごとにホーム画面が作れるのはもちろんですが、1人のユーザーでも用途に応じて複数のホーム画面を使い分けることだってできます。例えば時計や天気の情報を表示した「朝のホーム」、番組表やエンタメ系のものを表示した「夜のホーム」というふうに時間帯によって使い分けても便利かも。

自分の場合は趣味のゲーム、映画、ネットでそれぞれ別のホーム画面を作って自宅で使いたいと思いました。ホーム画面は最大7つまで設定できるので、どのように使いこなすかはユーザー次第ですね。

今回実際に「マイホーム」を使ってみて感じたのは、テレビなのにスマホやタブレットみたいな使い勝手だということ。番組を表示しながらブラウザを開いたり、アプリを行ったり来たりする動作も想像以上に軽快。個人的には、便利だけどリモコンからアクセスしづらい機能や、ブラウザのブックマークもホーム画面に置けるのが地味に便利だと思いました。

「マイホーム」はスマートテレビとしての機能の充実だけでなく、一歩進んでユーザー側の使いやすさまで考えられているのが親切です。

いい意味で家電らしくない最新デザイン

さて今回は新しいVIERAの「マイホーム」機能をメインで見てきましたが、新しくなった本体のデザインにも注目です。

130311viera_design.JPG

今回使ってみた「DT60」シリーズは額縁がシルバーに。挟額縁とシンプルなスタンドが相まって、浮遊感があるのがスタイリッシュです。

「家電感がいい意味で消えて、テレビっぽくないデザイン」と、サッシャさんも気に入った様子。近未来的だけど、日本家屋でも最新のマンションでも馴染みそうです。それだけでちょっと所有欲を刺激するデザインだと思います。

肝心の画質の方も、「IPS&LEDパネル」を採用しているので綺麗です。特に黒が引き締まっているのがいいですね。

「マイホーム」でスマートな機能がさらに使いやすくなったVIERAのDT60シリーズ。デザインもカッコイイので、家での設置場所や利用シーンを考えるだけでも楽しいです。家でのエンタメやネットはこのテレビだけで済んじゃいそうですね。いやー、最新のテレビってすごい。

パナソニック VIERA DT60シリーズ

(ニール太平)