Zがでたばかりですが、ソニーから「Xperia SP」と「Xperia L」が発表

2013-03-19sp00.jpg

廉価版という位置付け?

先日、現行最強! と期待されたXperia Zが発売されたばかりですが、ソニーモバイルより新たなXperiaシリーズ「Xperia SP」「Xperia L」が発表されました。どちらもAndroid4.1(Jelly Bean)が搭載されたAndroidスマートフォンとなります。トップ画像のXperia SPは1.7GHzデュアルコアで4.6インチで1280x720ピクセルの「HD Reality Display」を搭載。LTEにも対応しており、本体サイズは、130.6 × 67.1 × 9.98ミリで155グラム。

2013-03-19l01.jpg

一方Xperia Lは1GHzデュアルコアで4.3インチ854x480ピクセル。本体サイズは128.7 × 65 × 9.7ミリで137グラムと、スペック的にもサイズも一回り小さめな仕上がりに。こちらはLTEには対応していません。ただし、Xperia SPもXperia Lも、カメラにはXperia Zと同じ「Exmor RS for mobile」が採用されているため、カメラ機能は期待できるかも。必要な機能はシッカリ抑えて最新テクノロジーも搭載。という、バランスの取れた2機種ではないでしょうか。

両者ともカラーはレッド、ホワイト、ブラックの3色で登場予定。なお、ボディの下部は着信やメッセージ受信で3色に光るLEDを備えているようです。アルミ製筐体も相まってラグジュアリー感が高いですね、廉価版っぽくない。2013年第2四半期にリリースされる予定とのことですが、国内でも販売されたら値段次第ではかなり売れるかもしれませんね。

余談ですが、スペック順に長兄「Xperia Z」、次兄「Xperia SP」、末っ子「Xperia L」と考えると、北斗の拳っぽい。

Sony Mobile via すまほん!!

(小暮ひさのり)