ドローンで1900年前の王家の墓を探検! メキシコのテオティワカン遺跡

2013.04.29 14:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

130425_droneinarchae1.jpg


考古学にも新技術。

メキシコシティから北に1時間ほどのところにあるテオティワカン遺跡。世界遺産にも登録されている古代都市で、一時は世界最大規模の都市だったこともありましたが、6世紀頃に崩壊したとされています。崩壊の原因は内戦とも、外部からの侵略とも言われています。それでもこの土地から人が完全に消え去ったことはなく、つねに不法占拠者や考古学者、そして観光客が引き寄せられてきました。

それでもテオティワカンには現代人の手が及んでいない謎の場所がたくさんあります。その中には、約1900年間人の目に触れていないと考えられている地下墓地もあります。でも今、そんな地下の墓室を考古学者たちが調査しつつあります。

130425_droneinarchae2.jpg


2003年、考古学者らはテオティワカンの「ケツァルコアトルの神殿」の地下のトンネルを発見しました。彼らはそのトンネルが王家の墓室につながる通路だったと推測しましたが、確信はありませんでした。というのは、トンネルの入口がテオティワカン最後の住民の手で意図的に埋められていたからです。BLDGBLOGによれば、メキシコ国立人類学・歴史研究所がその謎に取り組み、地下墓室にロボットを送り込んで探索しようとしています。BLDGBLOGは以下のように伝えています。

Tlaloc II-TCという小さなワイヤレスロボットが、間もなく「ケツァルコアトルの神殿の下のトンネルの奥深く調査」し、「2000年前の王室の儀式または葬儀で使われた可能性のある」部屋に入っていく。


130425_droneinarchae3.jpg

最初のTlalocがトンネルに入っていくところ。(撮影:Alma Rodriguez for El Universal)


Tlalocは3つのロボットの集合体で、必要に応じて展開します。3つのうち一番大きいのは火星探査機みたいなマシンで、その他ふたつのロボットをトンネル内で移動させる役割を担っています。墓室に到着したら、ふたつめのロボットが自動的に開いて室内を赤外線スキャンします。最後に3つめのロボットが開き、動画を撮影します。BLDGBLOGでは次のように説明しています。

さらに興味深いことにもうひとつ「第3のパーツ」がある。それは「プロペラ4枚を備えたロボット」で、「空中に浮かんで動画撮影ができる」というものだ。

つまり、ドローン。でも今は、「トンネル内の気流の関係で、屋外でのみ使う」らしい。


130425_droneinarchae4.jpg

Tlalocシステムの最新バージョン、Tlaloc II-TC。(撮影:メキシコ国立人類学・歴史研究所 Melitón Tapia)


すでに研究チームはTlalocのいくつかのバージョンを試していて、墓室の中の様子について先行レポートがいくつかあがっています。2010年の報告書には「調査によって、そのトンネルが、創造神話に関連する儀式で使われるとされるケツァルコアトルの神殿や城塞よりも前に作られたことがわかった」、「トンネルは死後の世界の概念と関連付いていたと見られる」とあります。Provinciaにある報告書では、石で作られたシンボルがトンネルに並んでいるのが画像で見えたそうです。研究者らは、何か非常に重要なものをトンネルの墓室側出口のところに置こうとしていてトンネルが崩れたのだと考えています。


130425_droneinarchae5.jpg

Tlaloc Iが最初に送信した画像。(撮影:メキシコ国立人類学・歴史研究所)


遺跡探検にドローンなんてインディ・ジョーンズもびっくりしそうですが、テオティワカンの調査で初めてドローンが考古学の現場で使われたわけではありません。2011年には東中央アジアの研究者たちがアルタイ山脈にあるスキタイの墓所の航空地図をマイクロドローンで作りました。去年ペルーでは、Mawchu Llactaの都市遺跡の調査が無人航空機で行われました。なのでテオティワカン遺跡はドローン考古学の3例目ということになります。

今後テオティワカンから何が見つかるかはわかりませんが、Provinciaでは空中ドローンがテストに入ったことを伝えています。なので、墓室内を動画で見ることも近々可能になりそうです。そうすれば、1900年も人間の見ることのなかった場所、それもおそらく限られた人だけが入れただろう場所が、突然たくさんの人の目に触れることになります。そしてこれから、そんな場所はもっと増えていきそうです。


BLDGBLOG、Lead image by Meliton Tapia/INAH]

Kelsey Campbell-Dollaghan(原文/miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ハムナプトラ トリロジー Blu-ray‐BOX [Blu-ray]
  • UPJ/ジェネオン エンタテインメント
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア