エリック・シュミット氏が指摘するグーグルグラスの奇妙ポイント

エリック・シュミット氏が指摘するグーグルグラスの奇妙ポイント 1

グーグルグラス(Google Glass)には、まだまだ解決しなくちゃいけない奇妙さが沢山ありますよね?

例えば、グーグル元CEOエリック・シュミット氏ハーバードの講演で「一番不気味な事」と指摘した、グーグルグラスをコントロールするために大きな声でしゃべらなくてはいけないのも、その一つ。 

またシュミット氏は、グーグルグラスを使用する人は、ちゃんとグーグルグラスを扱うための新しいエチケットを考えていく必要があるし、明らかにグーグルグラスを使うのに不適切な場所があるとも語っていました。確かに、電車の中とかオフィスなどなどグーグルグラスに向けて喋ってる人がいると迷惑な状況って沢山! 逆に、使える場所のほうが限られてるような...。

グーグルグラスは便利だな~とか、「映画の世界の中で出来てた事がリアルに出来るなんてスゴイ!」っていう興奮もあるけど、実際に使う場合に「それはナシだよね...」と思うような違和感の数々を自覚し、本当に使いやすいガジェットにしていく必要がありますよね。だから、ディスるわけじゃなく、単純にグーグルグラスのココがヘンだよってとこを指摘するのはグーグルにとってもいいこと。

さてさて、あなたの思うグーグルグラスのヘンテコ・ポイントはどこかな?

Reuters

-Casey Chan(原文/junjun )