Amazon、Siriみたいなアプリの会社「Evi」を買収

2013.04.22 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

130420_amazonevi.jpg


Amazonフォンへの布石!?

Amazonが2600万ドル(約25億8000万円)で音声認識アプリ「Evi」を開発する会社を買収していたことがわかりました。EviはSiriのライバル的技術なので、「Amazon、スマートフォン進出か!」という憶測が以前にも増して盛り上がっています。

EviはAndroidとiOSそれぞれでアプリを提供していますが、かつてはTrue Knowledgeという名前でした。「カナダの首都はどこ?」といった質問に答える自然言語検索サイトを2007年から運営しているので、こちらでご存じの方もいるかもしれません。ちなみにEviは「イーヴィー」」と読むらしいです。

TechCrunchによれば買収されたのは去年でしたが、今になって発覚しました。Amazonは実は以前にも音声認識の会社を買収していて、そちらはIvonaというアプリでした。なかなか気が多いですね。

で、Amazonはスマートフォンに進出か! という説ですが、ちょっと冷静に考えてみましょう。まず2600万ドルなんてAmazonにとってはそれほど大金じゃないので、それほど大きな決断があったわけじゃないかもしれません。それにAmazonにはすでにKindleがあって、特にKindle Fireであれば、そのナビゲーションに音声認識技術を活用することも十分考えられます。

ともあれ、元々買収していたIvonaにしても、今回のEviにしても、どう使っていくのか興味深いところです。


TechCrunch

Jamie Condliffe(原文/miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Kindle Paperwhite 3G
  • Amazon.co.jp
・関連メディア