トイザらスのキッズ向けAndroidタブレットが国内でも販売開始。GooglePlay対応です(動画あり)

2013-04-10me00.jpg

大人だってトイザらスキッズ!

日本トイザらスは4月26日より、国内初となるAndroid搭載のキッズ向けタブレット「MEEP!(ミープ)」を全国のトイザらス、ベビーザらス店舗および「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」にて販売します。すでに米国では2012年9月に販売されており、25万台以上のセールスを記録しているとか。

確かに子供ってタブレット端末好きなんですよね。ウチも姪っ子がバンバン液晶叩いて遊んでいます。気になるのはそのスペックですが、以下のとおり。

OS:Android 4.0

CPU:1.0GHz Cortex A8

MEM:512MB

画面:7インチ zForceタッチスクリーン(800ピクセルx480ピクセル)

カメラ:300万画素

ストレージ:4GBインターネットストレージ/microSDHC 32GBまで

ネットワーク:Wi-Fi

センサー:加速度センサー

本体サイズ:高さ 140mm x 幅 219mm x 厚み 28mm

スペック的には2~3世代前って感じでしょうか。CPUはARM系のシングルコアなようなのでそれほどキビキビとした動きは期待できないかも? でもバリバリと仕事するわけじゃないので、キッズ向けには妥当なところかもしれませんね。お値段も1万4999円とキッズ的です。

また、キッズ向けということで当然、ペアレンタルコントロール機能も完備。パソコンやタブレット、スマートフォンなどから、「MEEP!」の管理サイトにアクセスし、インターネットやアプリなどの使用制限、使用履歴、使用時間などを、細部にわたりチェック可能。全てを掌握できますよ。

注目されるコンテンツの追加方法ですが、某ご年配向けスマホと違い、アプリの追加も可能です。オリジナルの「MEEP!ストア」を展開する他、「Google Play」にも対応。大事なことなのでもう一度言います。「Google Play」に対応しています。同価格帯の中華タブレットは軒並みGoogle Playに対応していないため、これだけでも大人が買う価値があるような気が......しません!? 

MEEP![トイザらス]

(小暮ひさのり)