サムスンが、米国大手家電量販店Best Buy内に専用ストア開設予定、その数1400店舗

サムスンが、米国大手家電量販店Best Buy内に専用ストア開設予定、その数1400店舗 1

眼鏡、時計、リアル店舗、これが今の3大ブームですかね。

アップルとの直接対決がより盛り上がるでしょうね。サムスンがリアル店舗Samsung Experienceショップを発表しました。米国大手家電量販店であるBest Buyの内部に店舗は作られ、1400店舗の展開を予定しています。

昨年12月にサムスンとBest Buyで話し合われた内容だと、今年5月までに全米で900店舗をオーブン。ストアはオープンしだい営業を始めるそうなので、今月中にはあちこちでサムスンストアに行くことが可能。6月までには、予定の1400店舗全てのオープンを目指して進めています。

自分とこだけのサムスンストアを開店するのではなく、すでにあるBest Buy内部に開設するというやり方で、オープン時の手間はかなり省かれたでしょう。サムスンのストア担当者ケトリナ・ドゥナガン(Ketrina Dunagan)氏によると、消費者の70%はBest Buyの10マイル圏内に済んでいるといいます。

サムスンストアでは、タブレット、電話端末、カメラ、ラップトップ、周辺アクセサリ、そしてヘルプデスクが設けられる予定。店舗スタッフは、Best Buy社員と一部サムスンのスペシャリストで担当します。しかし、全てのハード/ソフトのサポートに対応できるというわけではないそうな。

簡単に言うと、アップルストアのサムスン版。しかし、アップルストアと比べると、そのスケールとサポートが縮小したものというところでしょうか。

All Things D

そうこ(Jamie Condliffe 米版