これがFacebook Phoneの正体! 「HTC First」登場(追記あり)

これがFacebook Phoneの正体! 「HTC First」登場(追記あり) 1

Facebook Homeをプリインストール。

HTC First」は、本日発表のFacebook Homeを最初から組み込んだスマートフォンです。Facebook Phoneってどんなものになるのか...といろんな噂がありましたが、これがその正体だったようです。

Facebook Homeは基本的に、電話の重要な要素をFacebook関連の要素で置き換えるものです。マーク・ザッカーバーグCEOはローンチイベントで、「それはアプリ起点でなく、人起点で作られたもの」と強調していました。なのでこれはFacebook経由で人とのコミュニケーションをしやすくするためのものですが、すべてにおいてFacebookに自動的に誘導されるしかけでもあります。なので普通のカメラじゃなくFacebook Cameraを使うとか、そんな感じになります。

HTC Firstは、そんなFacebook Homeがプリインストールされた唯一の端末になります。それ以外の対応端末(HTC One、HTC One X、HTC One X+、Galaxy S III、Galaxy S4、Galaxy Note II)では、Google Playからのダウンロードが必要です。

スペックはこんな感じです。

スクリーン:解像度1280x720、4.3インチ

プロセッサ:1.4GHzデュアルコア Snapdragon 400

RAM:1GB

内蔵ストレージ:16GB

カメラ:背面5メガピクセル・前面1.6メガピクセル

動画撮影:1080p HD(再生は720p HD)

OS:Android 4.1(Jelly Bean)

LTE対応


さしあたり、キャリアは米国ではAT&Tのみで、ヨーロッパではOrangeとEEで取り扱います。デザインは上の画像の通りiPhone風味で、黒・白・赤・水色の4色展開です。

米Gizmodoでは発表イベント後にちょっとだけFacebookのスタッフが操作するHTC Firstの実機を見ることができました。ホームスクリーンのナビゲーションは速く、フルスクリーン表示の画像をスワイプでどんどんめくっていけます。Chat Headsのアイコンの選択とか並べ替え、グルーピング、消去といった操作も、ほんの少しラグがあるものの同じくらい反応は良かったです。Instagramみたいなスタンドアローンのアプリを動かしているときも動作は速かったです。

これがFacebook Phoneの正体! 「HTC First」登場(追記あり) 2

HTC Firstの発売日はFacebook Homeのリリース日と同じ4月12日ですが、AT&Tのサイトから事前予約できます。価格は2年契約の条件で99.99ドル(約9600円)です。

AT&TEngadget

Leslie Horn(原文/miho)

これがFacebook Phoneの正体! 「HTC First」登場(追記あり) 3