マイクロソフトとFoxconnが特許ライセンス契約を締結したよ。

マイクロソフトとFoxconnが特許ライセンス契約を締結したよ。 1

Foxconnはマイクロソフトと特許ライセンス契約を結び、最も大きな単独特許権者になりました。

世界の家電製品40%を生産している台湾のメーカーですから、驚くことでもないのかもしれませんけど...。

事実、マイクロソフトはAndroid端末を作っている誰でも特許を認可する必要がある! と長い間主張してきてるので、既にLG、HTC、SamsungといったAndroidメーカーとライセンス契約を締結しています。そこに、Hon Haiを親会社に持つFoxconnが加わったんです。

FoxconnはiPhone、iPad以外にもAmazonのKindleを製造していたり、ソニーなどなどいろんな企業のスマホ、タブレット、テレビなどを製造している企業に、今までにも沢山の特許料を支払ってきてますよね。もう、特許マニアですか?ってぐらい沢山のライセンス契約を締結しています。母体が強いってすごいですね。

そしてArs Technicaのレポートによると、Foxconnは大量のキャッシュをマイクロソフトに支払うことに。 マイクロソフトは新規の優良な収益源を得ることができましたね~。

Ars Technica

-Jamie Condliffe(原文/junjun)