GoogleのホームページにGoogle Now機能搭載? 現在テスト中か

GoogleのホームページにGoogle Now機能搭載? 現在テスト中か 1

あのシンプルなページが自分用情報満載になる?

Googleのホームページといえば、真っ白な背景にGoogleロゴ、そして検索ボックスというシンプルさが大きな特徴です。でも、もしかしたらそこにGoogle Nowの機能が搭載されて、自分用にカスタマイズされた情報がいっぱいのページになるかもしれません。

GoogleをウォッチするサイトGoogleSystemによれば、GoogleがGoogle Nowの機能をGoogleのホームページにも載せようとしていることを示すコードGoogleがテスト中と見られるページから発掘されました。下の画像がそのコードの一部です。もし実際Google NowがWebからも使えるようになれば、すごく良さげです。

GoogleのホームページにGoogle Now機能搭載? 現在テスト中か 2

Google Nowは、Googleが作った中でももっともパワフルなアプリかもしれません。それは意志決定アシスタントで、我々のメールや検索履歴、カレンダーといったセンシティブなデータを飲み込むことと引き換えに成立しています。Google Nowにはユーザーのカレンダーの予定とか、遅延も反映した交通情報とか、天気予報といったふとカスタマイズされた情報が全自動で表示されます。自分で細かく設定しなくても、ちゃんと使えます。アクセスしたのが夜なら、天気情報とともに好きなバスケットボールチームのスコアを見せてくれたり、帰りの電車の時間を教えてくれたりします。そのおかげで電車を逃さずに済んだり、検索しただけのレストランへの行き方を教えてもらえたりすると、その圧倒的な便利さを感じます。でも現在これはパソコンでは使えなくて、Android上でしか使えないんです。

もちろん、似たような機能はネット上に他にもあります。いろんなアラートやリマインダや情報源を使いこなして、同じように効率よく行動できるようにしている人もたくさんいます。でも、便利なものが1ヵ所に集まってることと、その相乗効果が重要です。GoogleのホームページにGoogle Nowの機能があれば、それは自分専用にカスタマイズされたヘッドアップ・ディスプレイ的なものになるでしょう。どんなコンピューターでも、Googleアカウントでサインインすればそこにアクセスできるんです。自分の得るべき情報を知りたいときは、Google.comにアクセスするだけでいいんです。今Android端末でGoogle Nowを使っている人も、パソコンに向かっているときにわざわざスマートフォンを取り上げなきゃいけない理由がなくなります。

Googleは同じような機能の実現を以前にも試みていて、iGoogleがGoogle Nowの先祖でした。ただしそこには、表示内容や位置情報の自動設定とか優れたデザインといったものはありませんでした。結果的にあまり使われてなくて、今年11月にクローズされる予定です。そのモバイル版にいたっては、Google Nowの立ち上がりと同期するように去年7月にすでにクローズされています。

でもGoogle Nowは、iGoogleと違って単にいろんなサイトやサービスから情報を切り貼りしているだけじゃありません。ユーザーが自らあれこれ設定しなくても、シンプルに簡単に使えるんです。もしGoogle NowがGoogleのホームページで使えるようになれば、多くの人にとって有用なツールになるはずです。特にスマートフォンを持たない人や、Googleのホームページがインターネットの入口であるような人にとっては大きなメリットがあります。

Googleのシンプルなホームページを変えることについては、いつもある程度の批判があります。Google配下に共通のナビゲーションバーがあったり、最近だと誕生日にはGoogleロゴがお祝いDoodleになったりしますが、そんなものすら邪魔だと感じる人たちはいます。ただそれらの問題は、ユーザー側に選択の余地がなく、デフォルトでオプトインされていて、オプトアウトできないってことでした。それから、単にクリーンなGoogleホームページへのセンチメンタリズムもあると思います。そういった思いのある人たちはおそらく、Google NowがGoogleホームページに搭載されることも歓迎しないと思われます。でもGoogleの競合サービスだって、Google Nowの付いた検索ページとそんなに変わりません。たとえばBingだって、想像されるGoogle Now搭載ホームページよりもすっきりしてるわけじゃありません。

Google NowがGoogleのホームに搭載されることはまだ確実にわかったわけじゃありません。でももしそうなれば、一部に批判する人がいたとしても、多くの人にとってはきっと便利に使えるんじゃないでしょうか。

GoogleSystem

Kyle Wagner(原文/miho)