コーチェラ・フェスティバルをGoProで撮影した男の一日(動画)

フェスにGoPro、意外な組み合わせ!

アメリカ最大級の野外音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」が、先週末にロサンゼルス郊外で開催されました。

誰もがハイテンションな週末を過ごす中を、身長6フィート7インチ(201cm)の男性がGoPro Hero 3を装着してフェスの1日をくまなく撮影して周りました。撮影された動画「Coachellavated: From 7 Feet High (GoPro)」がYouTubeで公開されました。2m以上の高さから見えるフェスって一体どうなっているの?

出発前に装備を確認です。頭にGoProを付けたヘッドギアを装着して準備OK。

20130426coachella07.jpg

コーチェラ・フェスティバルが開催されるインディオのエンパイア・ポロ・クラブにやってきましたよ

20130426coachella.jpg

6フィート7インチがどれだけ高いかというと、手を上げるとこんな感じです。

20130426coachella05.jpg

目線の下に人がいます。

20130426coachella04.jpg

だいたいクラウドサーフする人と同じ目線くらいの高さ。

20130426coachella03.jpg

ライブ見やすそう! うらやましい〜

20130426coachella02.jpg

イベントは昼が終わり夜へと移ります。テンションはさらに上がり目。

20130426coachella06.jpg

ようやく自分よりも背の高い人を発見。肩車された女の子とハイタッチ!

20130426coachella08.jpg

最後は自分もテンションMAX!

20130426coachella09.jpg

これを撮影したクリス・クラッチフィールド(Chris Crutchfield、@Chriscrutch)は、毎年Googleがその年の出来事をまるごと振り返る動画「Zeitgeist」を制作しているクリエイティブ集団Whirledのメンバーなんです。周りに溶け込んで撮影してるので、テンションの高さが普段以上に伝わってくる映像作品になっています。GoProなら持ち運びやすいですしね、これからの夏フェスには必至のアイテムかも。

コーチェラ、また行きたくなってきた。

YouTube

Eric Limer(鴻上洋平