フォルクスワーゲンがiBeetle発表、iPhoneと完全コラボ

フォルクスワーゲンがiBeetle発表、iPhoneと完全コラボ 1

専用ドックに専用アプリ。

かつてされたiCarはまだ存在していませんが、フォルクスワーゲンがアップルとコラボしたiCar的なものを発表しました。その名もiBeetle

アップルはすでに複数の自動車メーカーと提携しています。BMW、メルセデス、GM、ランド・ローバー、ジャガー、アウディ、フェラーリ、そしてホンダでは、みんな「Siri Eyes Free」を使っています。でもフォルクスワーゲンはそこからもう一歩先に進んでいます。iBeetleのダッシュボードにはiPhone用にデザインされたドックがあり、専用アプリにもいろんな機能があります。それから色展開もアップルと「スタイリッシュに関係づけられた」ものだそうで、キャンディ・ホワイトとかプラチナ・グレー、ブラック・モノクロームといった選択肢があります。

機能面では、フォルクスワーゲン提供のアプリではSpotifyを統合できたり、加速度計や油温計、燃費診断、その他いろんなソーシャル機能を使えたりします。でもこのへんは多分、走行中は使わない方がよさそうです。

iBeetleは今年10月に先行販売が始まり、正式発売は2014年です。ただiPhone 5を想定してデザインされているので、それまでには次のiPhoneが発売されちゃってそうなのが、気がかりなところです。

VolksWagen via Verge

Jamie Condliffe(原文/miho)