ジョナサン・アイブ氏デザインのiOS 7、一新されたフラットなデザインに

ジョナサン・アイブ氏デザインのiOS 7、一新されたフラットなデザインに 1

期待。

すでに見た触ったという複数の匿名ソースによると、iOS 7のデザインはとにかく「フラット」だといいます。そのフラットの元にあるのが、アップル伝説のデザイナー、ジョナサン・アイブ氏。

アップルが去年行なった組織編成を経て、ハードだけでなくソフトのインターフェースデザインも担当することになったアイブ氏が、大きなデザイン変更に乗り出したというのです。どうやら、今までアップルが好んで採用してきた「skeumorphismデザイン」を排除する方針のようです。

skeumorphismデザインとは、実物に似せたデザインを取り入れたもの。例えば、アップルのメモ帳やカレンダーやアドレス帳にある、ラインやステッチが代表的。アップルでは近年愛用されてきましたが、一方で「ダサイ」という声も多く、どうやらアイヴ氏自身も「ダサイ」と思っていた1人だったようです。

よりシンプルで平面的なデザイン、例えるならばWindows Modern UIのようなものが採用されるのでは、とネタ元の9to5macは報じています。アイコンデザインのテカリ要素なんかも排除対象。

6月に行なわれるWWDCでは、iOS 7のお披露目(少なくともプレビュー)はされるだろうと言われており、新デザインに期待がかかっています。その「フラット」さは、さてどんなものでしょう。

9to5Mac

そうこ(ERIC LIMER 米版