LulzSecの自称リーダー、オーストラリアで逮捕

LulzSecの自称リーダー、オーストラリアで逮捕 1

あくまで自称です。

オーストラリア連邦警察が、LulzSecのリーダーを名乗る人物をシドニーで逮捕したことを認めました。CIAやソニー、ニューズ・コーポレーションといった大手企業や政府機関をハックしたLulzsecの自称リーダーは、オーストラリアのニューサウスウェールズ州在住のマシュー・フラナリー、通称Aush0kでした。

フラナリーは政府のサーバーに侵入してWebサイトを改ざんした容疑で現地時間24日夜に逮捕されました。5月15日には地方裁判所への出廷のために保釈されます。その罪状は次のようになります。

権限のないデータ書き換えによる障害発生、1995年刑法典法477.2違反 2件

機密データへの権限のないアクセス及び書き換え、1995年刑法典法478.1違反 1件

警察ではこれらの容疑すべてで有罪になれば、懲役12年になるとしています。

フラナリーはシドニーの大手IT企業の幹部社員だったとされ、その立場を利用して機密情報へのアクセスも可能にしていたそうです。

ただ、ハッカー集団における身分は実際そんなに高くなかったのかもしれません。オーストラリアにいるアノニマスのメンバーはこの人物はリーダーではないと主張しています。以下のツイートでは、DDOS攻撃の際に参加する使い走りレベルのメンバーだったとしています。

警察乙 DDOS要員逮捕とかwww >> LulzSecの自称リーダー、ニューサウスウェールズで逮捕 

LulzSecといえば1年ほど前、自他ともに認めるリーダーがFBIに捜査協力して、主要メンバーが芋づる式に逮捕されていました。フラナリーはその残党だったのか何なのか...。

Luke Hopewell-Gizmodo AU(原文/miho)