【インタビュー】MEDIAS Wの生みの親「変態スマホは褒め言葉です」

【インタビュー】MEDIAS Wの生みの親「変態スマホは褒め言葉です」 1

「変態スマホ」の自覚はあったんですね。

4月発売予定のNTTドコモ端末「MEDIAS W N-05E」(以下MEDIAS W)、発表会でもハンズオンしましたけど、会場でもひときわ異彩を放っていました。2つのディスプレイを持つこの端末はどういった経緯で企画されたのか、気になってたんですよね。

NTTドコモ プロダクト部第一商品企画担当の山崎仁史さんは、その役職のとおりドコモ側で「MEDIAS W」の企画を担当した人物。お話を伺ってきました。

大画面を持ち運ぶという発想

【インタビュー】MEDIAS Wの生みの親「変態スマホは褒め言葉です」 2
MEDIAS Wの商品企画を担当した山崎さん

ギズモード(以下ギズ):MEDIAS Wを企画したきっかけは?

山崎さん(以下山崎):スマホが大画面化するなかで、当然端末のサイズが大きくなっています。お客さまのニーズもそこにあると考えました。サイズが大きくなるのは困るという人が多いのでスマホもまだまだ4インチ台が主流です。「ディスプレイは大きいけれどもスマホのサイズ」というところにニーズがあるのではと思い、この端末をラインナップに加えました。

ドコモとしても普通のどこにでもあるようなスマホだと思われてしまわないように、日々いろいろアイデア出して企画してチャレンジしていこうとしています。そのチャレンジのひとつだとご理解いただければと思っていますし、2画面に限らずいろいろ新しいものを出して行きたいと思っています。

ギズ:「変態端末出てきたな」という声もあったんですけど...?

山崎:私にしてみれば褒め言葉ですよ(笑)。ドコモはいろんな端末がラインナップされているな感じてもらえればと思っています。全部が全部変態端末では困ってしまいますが(笑)。いろんなユーザさんに応えられるものが並んでいればいいと思います。

ギズ:Nのイメージ=折りたたみというのは意識したましたか?

山崎:そうですね、折りたたみは一番最初にNECさんが出されたということもあって、ヒンジの作りが非常に得意。なのでそれも理由のひとつですね。日本のNECカシオさんの工場で製造されているのですが、ヒンジの作りは非常に精巧です。フィーチャーフォンのときよりもヒンジの径も小さくなっていますし、でっぱりもうまくデザインでカバーされています。

ギズ:非常に尖った端末でギズ読者も好みそうです。反響はどう感じていますか?

山崎:春モデルの中でも非常に興味を持っていただいています。今はもうスマホを正面から見るとディスプレイがほとんどを占めていて、つくりの差別化をするポイントが実はほとんどなくなっている。しかも中身も似てきています。やはり、差別化のポイントがない中で、この端末はみなさんの馴染みのなかったかたちになっていて注目されたのだと思います。

【インタビュー】MEDIAS Wの生みの親「変態スマホは褒め言葉です」 3
大画面で表示できるタブレットスタイル

ただ、珍しいからというだけでなく、便利に使っていただけるスマホのスタイル、タブレットスタイル、インプットスタイルという3つのスタイルがうまく仕上がったというところを我々としては強く推していきたいと思っています。

2画面特有の開発の苦労は?

ギズ:他の2画面スマホとの違い、優位性は?

山崎:まず、バックホールドというサバ折り型にしている点。ほかは内側に折りたたむものが多い。われわれがなぜサバ折り型にしたかというと、内側に折りたたむ方式にすると画面が隠れてしまうから。通常のスマホとして振舞わないといけないので、外側に画面があるようにしました。それが1点。

【インタビュー】MEDIAS Wの生みの親「変態スマホは褒め言葉です」 4
サバ折り型のボディ

2点目は、他の2画面スマホはサイズが大きいものが多い。今回は片手で収まるような通常のスマホのサイズにとどめて非常にコンパクトに仕上がっています。それでいて、先ほど言ったスマホスタイル、タブレットスタイル、インプットスタイル、そのどれが欠けても成り立たないと考えている。なので、サイズは非常に意識をしてワンセグなどの一部機能は割り切って非搭載にしています。テトリスじゃないですけど、限られた容積の中にうまく入れ込んで端末として仕上がるかどうかなんです。

ギズ:そういう意味でいうと、今回の想定ユーザは独自仕様がなくても使ってもらえる人?

山崎:メインの想定ユーザはそうですね。今までなかったものを欲しがる方、すでにスマホを使い慣れているリテラシーの高い方、複数持ちの2台目として考えている方です。持ち歩きやすいタブレットとして使っていただくことも可能だと思いますので、タブレットを持ち歩いている人はその頻度が減るんじゃないかと。

とはいえ、女性やリテラシーの高くない方でも使っていただける端末にはなっています。普段スマホをどのように使うかといったら、基本はブラウザかメールですよね。なので、MEDIAS Wはとことんブラウザとメールを使いやすくすることを意識して企画を進めてきました。いろいろ凝った機能は積んでいるけれども、購入していただいた方には普段見ているサイトをより大画面で見たり、フルキーボードをストレスなく使ったり、というところを便利に感じてもらえると思います。

【インタビュー】MEDIAS Wの生みの親「変態スマホは褒め言葉です」 5
数字キーまであるQWERTYキーボードを大きく表示できるインプットスタイル

ギズ:コンパクトにしたことでバッテリーでも苦労したのでは?

山崎:バッテリー容量は2100mAh。2画面あるので電池を食うと思われがちですが、当然CPUはひとつですし、単純に表示をふたつにわけているだけなので、大きいディスプレイの端末と思ってもらえれば。

ドコモで設けている基準に対しても、2画面で使ってクリアできるバッテリー容量にはなっています。だいたい2画面で広げて使った場合での実使用時間でも「MEDIAS U N-02E」などとあまり変わりません。閉じて1画面で使えば通常の利用ならば2日間くらいは持つのではないかと思います。常に広げているわけではないので、そういう意味では2画面分のディスプレイを持つ端末よりは省電力にもなります。

ギズ:ほかにハード面で苦労した点は?

設計に関するところでは、置いた時に裏面のディスプレイの傷が気になるという方もいると思いますので、縁とディスプレイに0.1mmの段差をつけています。これによって直に画面が触れないようになっています。それでも気になるという方には保護シートを同梱していますし、パネル自体もゴリラガラスを使っていますので、その3つでディスプレイは守られています。

また、電話の着信があったときには片方の画面には通常の「誰々からの着信です」というのが表示されます。逆の画面にはイルミネーションのようなものを表示します。それはデザイン性の観点もあるのですが、もうひとつはディスプレイが2個あるとどちらが正面かわからないというのもあるので、片側をイルミネーションにするという工夫をしているんです。

【インタビュー】MEDIAS Wの生みの親「変態スマホは褒め言葉です」 6
左右で別々のサイトを開いている様子

ギズ:ソフト面で2画面特有の開発の難しさはあったのでしょうか?

山崎:物理的に2画面が付いているので、2画面にまたがるかたちでピンチ操作を行う際にうまくつなげてあげる必要がある。スクロールもうまく渡してあげなくてはならない。そのあたりには苦労しました。

ブラウザも2個立ち上げることが可能です。1画面で見ることも可能ですが、右側の画面から「Utility Apps」(編注:2画面対応のオリジナルアプリのこと)を立ち上げて別のページを見ることができます。完全にバラバラに使うだけでなく、例えば食べ物のお店を探している時に地図を別ページで立ち上げることが可能。こうすればお店の情報を見ながら地図も確認できます。ただ2つの画面を用意するだけでなく、うまく連動させるというのも工夫しているポイントです。

当然通常のAndroid用のアプリは2画面を意識せずに作られていますので、そうしたアプリも極力2画面に引き伸ばして表示できるようにするというのも検討課題でした。

【インタビュー】MEDIAS Wの生みの親「変態スマホは褒め言葉です」 7
ギャラリーアプリでは左側にサムネイル、右側にプレビューが表示される

ギズ:2画面への対応が難しかったアプリは?

山崎:ほぼほぼ現在アプリを開発されている方は、どんな解像度が来ても対応できるようにアプリを作られている方が多いので、あまり苦労はしませんでした。ただ、2画面用に新たに作りこんだアプリもあります。例えばeメールアプリ。左画面にメールの一覧、右画面にメールの詳細を表示するようになっています。これも通常のAndroidのアプリでは引き伸ばすだけになってしまうところを工夫している例ですね。

メールアプリ以外にも両画面を使って動画を再生できる「Wムービー」というものもあります。同じ動画を両方から見ることができる。これも通常のアプリでは1画面のみで再生するか、2画面にひとつの動画を引き伸ばして再生するかのどちらかになりますが、専用のアプリを入れたことで生まれた楽しみ方です。

ギズ:結構使うところが限定されそうなアプリですけど、イヤホンを片方ずつつけて2人で聞くみたいな楽しみ方ができそうですね(笑)

山崎:そうなんです。あと、カメラも。通常インカメラは2メガ程度。今回は8メガのアウトカメラをインカメラとして使える。自分撮りをするときは、撮ったものをプレビューしながら撮り直したりもできます。これも通常のカメラアプリではできないことです。それからギャラリーもですね。サムネイルを左側に表示して、右側でプレビューできる。これも専用で作成しています。

【インタビュー】MEDIAS Wの生みの親「変態スマホは褒め言葉です」 8
専用アプリ作成のガイドラインが掲載されているページを公開

ギズ:2画面対応アプリをサードパーティに作ってもらうという計画はないのですか?

山崎:dマーケットのCP(コンテンツプロバイダー)にAPIを公開する予定です。また、発売前後にもガイドライン(PDF)をドコモのサイト上にアップする予定で、これを活用して一般の方にも作っていただけるようになります。Android上で動かすものであれば、ドコモとして特別働きかけをしなくてもというのがあったのですが、この端末の場合は開いた時にはどんなイベントが通知されるかとか、閉じたらどうなるかとか、そのへんをちゃんとお伝えできるようにしなくてはと考えました。

ギズ:どんなアプリを期待したいですか?

山崎:わかりやすいのはやはりゲーム。2画面用のゲームです。動画もおもしろいかもしれない。例えばサッカーの中継をアップで撮っている絵と上から引きで撮っている絵の両方が見れたらおもしろいですし、2画面あることでいろいろできます。さっきのメールアプリのように、スケジュールアプリで左側にカレンダーがあって右側にその日の詳細な予定が見られるとか。こんな感じで全体と詳細で2画面を使い分けるというのはわかりやすいかもしれませんね。あと、本も可能性があると思います。

今後は別のOSも2画面化?

ギズ:この2画面のコンセプトはこれからも継続していく?

山崎:今後のことなのでなかなか言えないですが、盛り上がって市場ができあがればいいなと思っています。どのくらいの評価がもらえるのかなと。

ギズ:第3のOSを2画面スマホで採用したりということもありうる?

山崎:技術的な障壁に関しては、OSに依存するような部分は特にはなかったと思います。ただ、あのOS(編注:Tizen)で2画面の端末を展開するというところまではまだ具体的には動けていないですね。

当然、2画面端末が受け入れられれば、いろいろなOSで展開することもありえると思います。スマホスタイルとタブレットスタイルとインプットスタイルはどのOSでもたぶん流用がききますし、そこに便利さがあるんだと思ってますから。

ギズ:とはいえ、Tizenが廉価帯から中級くらいまでの価格帯になるという噂もあるので、難しい部分もあるのでしょうか?

山崎:もちろん先ほど言ったように女性にも使ってもらいたいし、それほどリテラシーが高くない方でも、大きな画面で見たいとか、入力をしやすくしたいとかは誰でも思うことだと思います。ですので、そういった価格帯まで2画面スマホが広がることをわれわれとしては望んでいる。だから、これがいっぱい売れればいいなと本当に思ってます(笑)。期待を裏切らない出来にはなっていると思うので、実際に触っていただいて、この便利さを知っていただきたいと思います。

ギズ:なるほど。ありがとうございました!

インタビューを終えて

話を聞いたあとに感じたのは、スマホのバリエーションを増やそうと本気でドコモは考えているということ。Tizenのような第3のOSもそうだけど、Androidの中でも今回のMEDIAS Wのような飛び道具をラインナップしてくるところに本気の度合いを感じました。

それと、中盤で触れたような一般のアプリ開発者に情報を提供してアプリを作ってもらおうという取り組みも、今まであまりなかったように思います。しかも、現在こちらのページで「アプリ開発コンテスト」を開催中。応募期間は2013年5月6日(月)23時59分まで。アプリがたくさん集まれば、2画面スマホという新ジャンルがもっと盛り上がりそうです。

MEDIAS W N-05E[NTTドコモ]

(松葉信彦)