地平線に横たわる巨大プリズム「水平な虹」がパリに出現

130402rainbow.jpg

ありきたりの毎日の中で突然こんな虹が窓の外に見えたら、大人も子供も一緒に声をあげてはしゃいでしまうことでしょう。空には虹、地上にはたくさんの笑い声。なんて素敵な光景なのでしょうか。

パリで、エッフェル塔のむこうの地平線上に現れた水平な虹。いったいどうしてこんなカタチが生まれるか分かりますか?

じつはこれ、まったく特別な仕組みではないんだそうですよ。虹は太陽と反対側(対日点)を中心として42度の角度上に現れるので、太陽が高い位置にあるとき遠くの方で雨が降ると、こんなふうに虹のてっぺんだけが地平線から顔を出すのだそう。

いつもカラフルな美しさに気をとられていましたが、虹ってとてつとなくスケールの大きな自然現象なんだなーとあらためて実感。それにしてもこの虹、すごい厚みですね。

NASA

Image by Bertrand Kulik

Rumi(Eric Limer 米版