カップの中身は何なのか、配合具合を示したわかりやすいメニュー

カップの中身は何なのか、配合具合を示したわかりやすいメニュー 1

これ好き。ポスターにしてもいいくらい好きですが。

コーヒー、ラテ、ココア、カフェモカ等々、カップの中身は何がどうなっているのかどれほどわかっているものでしょう。これは何ですよと名前を言われるよりも、いっそ何がどの割合で入っているのか言われた方が好みのドリンクを選びやすいのかもしれませんな。

ロンドン東部にあるとあるカフェで発見されたのがこのカフェメニュー。コーヒー、水、チョコレート、牛乳、空気、お茶、それぞれが色分けされてどの程度カップの中身に含まれているのかをグラフにしています。横に記された数字は値段。メニューに名前は一切なし。なるほどこれはわかりやすいですね。

あ、でも注文する時はなんて言うんでしょう。「赤が100で緑も100のやつ」とか言うのでしょうかね。

カップの中身は何なのか、配合具合を示したわかりやすいメニュー 2

Flowing Data

そうこ(Jamie Condliffe 米版