読書中に使うとちょっと楽しい「哲学のふせん」

読書中に使うとちょっと楽しい「哲学のふせん」 1

と、私も前から考えていた。

こう書かれた付箋が「哲学のふせん」です。何かの文章の後にこの付箋を貼ると、まるでその前の文章が、以前から自分が思っていたことを代弁してくれているかのようになる、ユーモアあふれる付箋です。

読書中、読んでいる本にたくさん付箋を貼る人もいるかと思いますが、この付箋にしたらさらに読書が楽しくなるかもしれません。

しかし、この付箋を貼っているのを誰かに見られたら、「こいつ、自意過剰じゃねえかな......」と思われてしまうかも。

お値段は100枚つづりが2個入って300円です。

『哲学のふせん』取り扱い店舗[misawa home]

(三浦一紀)