東京農工大学がニオイの出るディスプレイを開発

東京農工大学がニオイの出るディスプレイを開発 1

PC眺めながらヨダレがだらり...なんてことになっちゃうかもよ!

東京農工大学の開発チームがディスプレイに映し出されたモノのにおいを実際に画面から発生する装置を開発しました。ディスプレイの四隅にジェル状のペレット剤とファンが備えられており、桃やリンゴ、コーヒーなど画面に表示されたものの香りを発生させる仕組みです。

現在のシステムでは1回につき1つの匂いをポンプで送り出しているのですが、次の段階ではプリンタのようにカートリッジを組み込んで簡単に匂いの交換ができるように改善していく予定だそうです。

開発者の松倉悠氏によると将来、特殊な広告や美術館などの展示への応用が考えられるとのこと。日本初の面白い技術、今後の開発に期待です。

NewScientist via gizmag

(KITAHAMA Shinya)