無敵の組み合わせ! プロブロガーの僕が使ってる情報収集アプリはこの2つ

2013.04.06 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20130405matayoshi.jpg


こんにちは、ギズモード読者の皆さん! ブログ「Last Day.jp」を書いていますブロガーのまたよし れい@sayobs)です。

新しい季節がやってきました。4月から新社会人になる方、新入学生になる方へ向けてのエントリーになります。

新しい環境での生活が始まり、これから沢山の人たちと出会う事になります。そして新しい情報にも沢山触れて成長して行くことと思います。ですがこの忙しく情報が増えすぎている時代に、自分に必要な情報を取得して管理するのは大変なことです。

今回のコラムでは、旅行やイベント、シゴトを通じて国内外の人や情報に常に触れている僕が実際に行なっている情報管理術をご紹介致します。


ウェブ上にある情報はマガジンアプリ「Flipboard」で集めて閲覧する


20130405flipboard05.jpg


何個もアプリを併用すると管理作業が大変なので極力シンプルに行きましょう。という事で僕も普段から愛用している「Flipboad」での情報収集をおすすめします。

iOSでもAndroidでもアプリがリリースされています。UIも洗練されていて、雑誌を読んでいる感覚で情報収集できるので楽しいです。

13のカテゴリーから最新のニュースや記事が読めます。Flipboard一つで色々な文化からの情報を一挙に収集ができるところがオススメです。

カテゴリーには「ニュース」、「ビジネス」、「アート・写真」、「エンタメ」、「スポーツ」、「旅行」、「スタイル」、「注目コンテンツ」などがあります。


20130405_matayoshi_section.jpg


この中から自分の興味があるフィードを登録して行きましょう。


20130405_matayoshi_add.jpg


登録したフィードはマガジンのようにペラペラめくりながら、閲覧できます。


20130405_matayoshi_flip.jpg


僕が登録しているフィード

僕はニュースのほかに、ブログやSNSをFlipboardでチェックします。こんな感じでFlipboardのカテゴリーを分けて使っています。


ブログ記事・SNS・動画

・Googleリーダーのフィードで購読するブログ
・Twitterのリスト
・Facebookのニュースフィード
・YouTubeチャンネルのフィード
・Vimeo

旅行系

・トリップアドバイザー
・500px:travel Photography
・バックパッカーモード

海外情報

・CNN News
・New York Times
・Al Jazeera


20130405_matayoshi_pic2.jpg


FlipboardはYouTubeにも対応しているので、アプリ内で動画が観れるのものいいですよね。最近はYouTubeでも動画ニュースが観れるので、ニュースチャンネルを登録するのもオススメです。

YouTubeニュースチャンネル

読売新聞 - YouTube
時事ドットコム - YouTube


Flipboard: あなたのソーシャルニュースマガジン
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

Google Play


忙しい時は、後で読むためのサービス「Pocket」が便利


20130405pocket04.jpg


読んでいて気になった記事はFlipboardのメニューから"後で読むサービス"の「Pocket」に保存します。僕は移動時間が多いので、飛行機や電車の中でPocketに保存した記事を読み返します。


20130405_matayoshi_pocket.jpg


Pocketの便利な点は、記事をダウンロードしてしまえば、オフラインでも閲覧ができるところです。一度保存された記事は、文字検索やタグで探す事ができるので、忙しい人の情報収集には欠かせないアプリです。


Pocket (Formerly Read It Later)
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

Google Play


リアルにあった人からの情報に勝るものはなし


仕事がら東京・沖縄・東南アジアと行き来する事が多いので、日本人だけではなく外国人と出会う機会もあります。

一度だけお会いして、いきなりメールを送信するのって勇気いるますよね。仮にメールを送信できたとしても、それからずっとコミュニケーションをとり続けるのは難しいです。

そこでFacebookです。

お会いして話が弾んた方や一緒に仕事ができそうな人には「Facebookやってますか? もし良かったら友達申請させてください」とお願いしています。

フェイスブックで繋がると日常お互いどんな事をしているかが、わかります。相手の投稿に「いいね!」したりコメントしたり、そこから少しづつコミュニケーションが始まります。

Facebookで何度かやり取りをして、リアルな世界で再会して情報交換する事も良くあります。そこから仕事の話になる事も少なくありません。経験上オフラインでの情報交換の価値に勝るものありません。

去年僕が実施した「タイブログ観光大使」も、東京・沖縄・タイ在住のブロガーがFacebookで繋がり、バンコクで情報交換をして発足したプロジェクトです。


さいごに


いかがだったでしょうか? デジタルやソーシャルが普及した情報化時代に僕がやっている情報管理の方法を今日は紹介しました。皆さんはどのように情報管理してますか?

情報管理用にご利用するアプリがあれば、コメントで教えてくださいね!


(またよしれい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア