1万5000年前の煮魚がみつかる

1万5000年前の煮魚がみつかる 1

土器スープ、良いダシ出てるね〜。

1万5000年前の土器で魚を煮炊きした痕跡が見つかりました。国内13の遺跡から拾ってきた土器の破片を調べたところ、1万5000年前の魚の汁がこびりついていたそうです。専門家曰く、たぶん、魚を煮炊きしてたっぽい痕跡らしい。

このニュース、無知な僕は最初「スケールはデカイけどわりとどうでも良い話だな」...とか無粋な見方をしていましたが、実は世界最古級の土器の使い方がわかる、初の発見。凄いじゃないですか。縄文人が命をかけた狩りをして食したのであろう煮魚のカスが、悠久の時を経てこの平成サイバーオーシャンでゆるいニュースとして拡散するとかロマンチックでトキメキます。

縄文時代の煮魚、美味しかったのかなあー。

朝日新聞デジタル , 新潟県立歴史博物館

(西條鉄太郎)