未来的過ぎるドバイのメトロとモノレールに乗ってきました

未来的過ぎるドバイのメトロとモノレールに乗ってきました 1

何もかも超バブリーでエクストリームな街ドバイにやって来ました。

ドバイには世界最長の全自動無人運転システム「ドバイメトロ」がありますが(ちなみにこのメトロを建設したのは日本の三菱グループ!)、期待通りの未来的なかっこよさでゾクゾクしちゃいましたよ。

未来的過ぎるドバイのメトロとモノレールに乗ってきました 2

ユニオン駅の構内。

写真だけじゃ駅の中ってわかんないですよね。このシュッとした感じのブルーのライティング...まるで宇宙基地みたいです。

未来的過ぎるドバイのメトロとモノレールに乗ってきました 3

駅のホーム。かっこいい。

未来的過ぎるドバイのメトロとモノレールに乗ってきました 4

メトロといっても基本は地上走行。

運転手がいない完全自動走行なので、電車の一番前に陣取って、リアル「A列車で行こう」気分が味わえます。ちなみにお金持ちは車で移動するため、メトロを利用するのは出稼ぎでドバイに来ているような庶民たちです。

さらに、あの有名な人工島パーム・アイランドを走るモノレール「ジュメイラ・モノレール」にも乗ってきました。

未来的過ぎるドバイのメトロとモノレールに乗ってきました 5

パームアイランド。このど真ん中をモノレールが走ります。

未来的過ぎるドバイのメトロとモノレールに乗ってきました 6

このモノレールも無人運転。パームアイランド観光にもってこいです。

未来的過ぎるドバイのメトロとモノレールに乗ってきました 7

そしてパームアイランドの先端に現るこの城は、エンターテイメント施設&ホテルのアトランティス。ここのプールに遊びに行きました。

未来的過ぎるドバイのメトロとモノレールに乗ってきました 8

アトランティスのビーチの遠くに見えるはモノレールと高層ビル群。なんて人工的過ぎる壮大な景色なのでしょう。

未来的過ぎるドバイのメトロとモノレールに乗ってきました 9

最後に、世界で最も高い展望台の「ブルジュ・ハリファ」からの夜景。ドバイは何もかも新しく、いちいち派手でお金がかかっていて、期待通りの人工的で未来的な街でした。

ただしお金が無いと長く滞在できません。

(mayumine)