平面キャンバスが座ることで椅子になる、という絵みたいな椅子

平面キャンバスが座ることで椅子になる、という絵みたいな椅子 1

座らなければアート、座れば椅子。お尻しだいで用途が変化。

使ったり使わなかったりする椅子は折り畳みでいーや。座らない時はしまっておけるし。そんなの古い、古すぎる。最先端ならば、座らない時にそこにあってもまるで椅子じゃないような椅子、なのです。ミラノデザインウィーク2013でお披露目しているこの椅子、木とアルミニウムでできた骨組みをキャンバス加工の伸縮性のある生地で包んでいます。ぱっと見はアート、洒落たフレーム。でも、お尻があればすぐに椅子になるのです。

平面キャンバスが座ることで椅子になる、という絵みたいな椅子 2

この椅子の制作はデザイン事務所YOY。こちら日本のスタジオです。さすが、クールジャパン!

平面キャンバスが座ることで椅子になる、という絵みたいな椅子 3

Designboom

そうこ(Eric Limer 米版