サムスンが脳波でタブレットを操作する技術を開発中

サムスンが脳波でタブレットを操作する技術を開発中 1

アイコントロールやジェスチャーコントロールが過去のものになる日も近い?

サムスンが開発している脳波でタブレットを操作する技術のデモの様子をMIT Technology Reviewが報じています。記事によると脳波からデバイスの制御に必要となる適切な情報を抽出することに成功し、実際にアプリを起動することができたとのこと。その様子はこちら。

サムスンの主任研究員Insoo Kim氏によると、脳波システムの制御速度はユーザー各々に依存しており、平均で5秒間に1度の動作を90%程度の確度で実現できているそう。今後は電極むき出しの装置を、もっとカジュアルな帽子風のデバイスへ変えていく予定だそうです。

MIT Technology Review via 米版 , ガジェット速報

(KITAHAMA Shinya)