Twitter #Musicハンズオン:音楽との新しい出会い方(動画あり)

いよいよ公開!

Twitter #Musicアプリがついに公開されました。今のところ公開地域は米国、カナダ、英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドに限られていますが、米Gizmodoのアシュリー記者がさっそくハンズオンしています。

どんな使い心地なのか、以下見てみましょう!

Twitter #Musicアプリを開くと、まずサブスクリプション制音楽サービスのRdioかSpotifyアカウントのでログインするように言われます。Twitter #Musicの音源はそのふたつのサービスと、試聴版に関してはiTunesのものです。なのでRdioにもSpotifyにも登録してない人は試聴版しか聴けませんが、登録していれば(そしてその曲が両サービスにあれば)曲全体が聴けます。

で、ログインすると「Popular」「Emerging」「Suggested」「#NowPlaying」の4つのタブが見られるようになります。Popularはトレンディングしている曲、Emergingは「隠れた才能」として発掘された曲です。発掘の基準はよくわかっていません。SuggestedではユーザーがTwitterでフォローしている人をベースに曲がオススメされ、#NowPlayingではユーザーがフォローする人が聴いている(ときに悪趣味な)曲がリアルタイムで表示されます。

PopularとEmergingのタブでは、アーティストがグリッド状に表示されています。それらはすべてTwitterプロフィールやラジオチャンネルにつながっていて、1クリックでそちらに移動できます。

Twitter #Musicハンズオン:音楽との新しい出会い方(動画あり) 1

でもTwitterのつながりは必ずしも音楽の好みを反映していないので、何でこれが!? と思うようなオススメをされることもあります。たとえば、私の場合、Brooke Candy(閲覧注意、ストリッパーのラッパーです)が好きそうだと思われたようなんですが、どういう根拠なのかわかりません。

Twitter #Musicハンズオン:音楽との新しい出会い方(動画あり) 2

#NowPlayingのタブでは、Twitter上の友達が聴いている音楽が表示されます。たとえばGizmodoのピーター・ハー記者がこれを3日前に聴いたことがわかったんですが、それだけでした。少なくとも今は、多くの人には聴いている音楽についてツイートする習慣がないってことですね。しかもTwitter Musicは新しすぎるので、使っている友達も少ないです。

アーティストのTwitterプロフィールを見たり、Twitterをフォローしたりはこのアプリの中で可能です。#NowPlayingのレコードのアイコンはすごく便利で、タブを切り替えたりしなくても再生・一時停止が可能、ここからツイートもできます。

Twitter #Musicハンズオン:音楽との新しい出会い方(動画あり) 3

ただ全体的に言えば、機能は限られています。特定のアーティストを検索することもできますが、曲の検索はできません。なのでこれで曲の管理を細かくするというよりは、単に新しい音楽に出会うためのサービスとして使うのがおすすめです。

miho(原文1 Ashley Feinberg、原文2 Brian Barrett)