次世代Xbox、KinectでTVもコントロール

次世代Xbox、KinectでTVもコントロール 1

いろんな意味で、納得です。

The Vergeによれば、次期Xboxでは噂の常時接続機能を活用することでTVのコントロールが可能になります。さらにKinectの新たな機能も使われます。全体的に、マイクロソフトの今後の方向性が見えてきそうな動きです。

XboxのTVコントロール機能について、The Vergeが以下のように説明しています。(強調は訳者)

この機能はケーブルボックスの信号をHDMI経由でXboxに引き継がせることで実現される。これによってXboxからUIや機能を既存のTVチャンネルやセットトップボックスの上にオーバーレイすることが可能になる。これは次世代Xboxのカギであり、マイクロソフトがコンテンツプロバイダーと提携していることによってGoogle TVより一歩先を行くことができたのだと言われた。

Wii Uにも似たような機能が「TVii」としてありますが(訳注:日本のTViiと北米のTViiは内容が違っていて、北米の方が機能は豊富)、それはDirecTVやComcast、Dish Networkといった限られたサービスでしか使えません。Kinectには複数の人を認識する機能とか、サムスンのGalaxy S4みたいにTVの前の人が顔を背けたときに一時停止する機能もあるようです。XboxでNetflixを見ながらKinectでコントロールするのはすごく便利だったので、こうした機能が搭載されるのは自然な流れだと思われます。

マイクロソフトはXbox TV用の低コストなセットトップボックス開発をしているとも噂されていますが、発売は来年になるとも言われています。一方、新Xboxは今年秋の発売になると予想されています。

Verge

Kyle Wagner(原文/miho)