ようこそ、ペーパーレスの世界へ! ソニーが13.3型デジタルペーパー端末を開発。

ようこそ、ペーパーレスの世界へ! ソニーが13.3型デジタルペーパー端末を開発。 1

紙を再々発明。

ソニーから発表されたこのタブレットのようなものは「デジタルペーパー」端末。画面には13.3型(1200x1600ドット)のフレキシブル電子ペーパーを採用。タッチパネルは光学式と電磁誘導方式を採用し、画面に触れてのメニュー表示やページ送りに加え、付属のペンを使えばまさに紙に書く感覚で文字を記入することもできます。

A4とほぼ同じ大きさでありながら、厚さ6.8mm、重さ358gと非常に薄く、軽く仕上がっているのも魅力的ですね! 以下が横からの写真となります。

ようこそ、ペーパーレスの世界へ! ソニーが13.3型デジタルペーパー端末を開発。 2

薄すぎてこれが何であるかがわからない。

ちなみに保存・表示できるファイル形式はPDF。手書きやハイライト、付箋メモを文書と共に保存することも可能。Wi-Fiにより、ネットワークからのファイルを共有するようなアプリにも対応できるとか。クラウドへ保存したり、クラウドから参照できるようになると便利ですね。Wi-Fiに繋がなくてもmicroSDカードスロットに保存できるため、大量の文書の保存なども可能です。

なお、ソニーは「デジタルペーパーソリューション」として、早稲田大学、立命館大学、法政大学と「デジタルペーパー」端末を授業で活用する実証実験を2013年度後期より順次行うようです。大学で使用する紙のテキストや教材を「デジタルペーパー」端末に置き換えることで、授業プロセスの効率化、学習効果の向上が目的であるとのこと。いち早くコレを触れる大学生はうらやましい!

これらの大学生でない方は5月15日~17日に東京ビッグサイトで開催される「第四回教育ITソリューションEXPO」にこの端末が参考出展されるので、興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか? 実際に触れるのかな?

ソニー(報道資料)

第四回教育ITソリューションEXPO

(小暮ひさのり)