アメリカの14歳の少女、iPadの磁石で心臓補助装置が止まる恐れがあると発表

アメリカの14歳の少女、iPadの磁石で心臓補助装置が止まる恐れがあると発表 1

iPad 2に思わぬリスクが...

なんとわずか14歳のジアンナ・チェンさんがデンバーで開催された不整脈学会(HRS)8000人あまりの研究者を前に発表した研究内容によると、「もし胸の上にiPad 2を置いたまま寝てしまうとiPad 2 のカバーを固定するためにある30個の磁石のせいで、植え込み型除細動器の電源が誤って落ちてしまう恐れがある」とのこと。

チェンさんの研究に除細動器を使用する患者26人が参加、そのうち30%で磁石への反応が確認されたそうです。

もし心臓疾患があってiPad愛用の方は充分注意しないといけませんね。

ところで第3世代と第4世代のiPad も同じリスクがありそうです。

Bloomberg

mayumine(JAMIE CONDLIFFE 米版