ファッション小物からギターまで! 3Dプリンターで作れる驚愕のアイテムたち

201305023d.jpg

もしも3Dプリンターを手に入れたら、そして何でも作れるスキルとほんの少しのイマジネーションがあったら、どんなものを作ってみたいですか?

今はまだ、値段も高いし気軽に持ち運びできるようなプリンターではないけれど、新しいモノ好きな人たちは、すでに驚くべきアイテムを生み出しているようです。というわけで、先日ニューヨークで開催された「3DプリンターEXPO」から注目のアイテムをまとめてみました。

Cubifyの3Dプリンターで製作。外観は小さなミシンのような機材ですが、世界で一つだけのオシャレな靴だって自作できちゃいます(黄色い部分がCubifyによるパーツ)

1304273dpe_02.jpg

もちろん、ハンドバッグだって自作可能

1304273dpe_03.jpg

チェーンみたいなベルトもかわいい! お店にあったら普通に買うレベル

1304273dpe_04.jpg

3Dシステムブースで見かけたギター。3Dプリンターで作ったというだけで物欲が刺激されます

1304273dpe_05.jpg

実用的でない作品もたくさんありますが、このワインオープナーは便利そう

1304273dpe_06.jpg

Form Labsが展示していたチェスセット。よく見ると内側の螺旋階段までしっかり作りこんでありますよ

1304273dpe_07.jpg

Form Labは作品の細かい部分を虫眼鏡で見ます

1304273dpe_08.jpg

ろくろを回すIT業界人のみなさん、壺はもう3Dプリンターで作る時代みたいですよ(Sculpteoで製作)

1304273dpe_09.jpg

なにこれ怖い...。普通紙を積層するフルカラー3DプリンタMcorから生まれたトム・ハンクスの頭

1304273dpe_10.jpg

3Dプリンターで作ったバングルなど、小物類は普通に身につけられそう

1304273dpe_11.jpg

さて、いかがでしたでしょうか?

これまで長い間、3Dプリンター作品群は、自分たちが3Dプリンターから作られたことを声高に叫んでいるような状態でした。しかし、技術が進歩するにつれて、デザインのクオリティもだいぶ上がってきていますね。買い物で妥協したくない人は、自分で作るようになる時代も近いかも?

Photos by Nick Stango

Rumi(Leslie Horn 米版