【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 1

今日はauの「au 2013年夏の新商品・サービス発表会」の会場に来ています。

今月はソフトバンク、ドコモと発表会が続きましたが、auではどんな新機種が発表されるのでしょうか? 発表会の模様はこちらの記事からリアルタイム更新でお届けしますので、一緒にお楽しみ下さい。また新機種情報やハンズオンも随時更新していきますので、そちらもご期待ください!

スマホからご覧の皆さんは、このページ下部の「次のページ」をクリックして頂き、2ページ目をリロードしていただければ、最新情報がご覧いただけます。TwitterFacebookでも更新しますので、フォローよろしくお願いします。

会場入りしました。このあと11時からau発表会2013 Summer始まります!

11時になりましたー。

配られた資料をざっと読むと新機種はHTC J One、Xperia UL、AQUOS PHONE SERIE、URBANOの4つのようです。HTC J OneはグローバルモデルのHTC Oneがベースのようです。

そのほか、3M戦略の第二弾、スマートリレーションズ構想の発表があるもよう。こちらではスマートパスがタイムラインUIになること、専任アドバイザーが24時間対応してくれる使い方指南サービス「auスマートサポート」などが発表されるようです。

詳しくは発表会のリアルタイム更新でお届けしますよー。

あり、若干スタートが押しているみたいですね。。

--------------------------

おー、はじまりました! まずは田中社長が登壇!(今日は風邪気味とのこと。ちょっと心配です)

auスマートバリューとauスマートパスを推進したここ1年。昨年は3M戦略の第1弾としてスマートパス構想を発表。「オープンで、制約のない世界へのパスポート」を掲げてスタート。

ひるがえってauが目指していること。それは「あたらしい自由」。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 2

「お客さま視点」であり「革新」的なことを行なっていく。「革新」のひとつが「驚きを常識に」のCMたち。去年のクリスマスころから流しているもの。

最初はCGのサンタクロースだったけど、きゃりーぱみゅぱみゅを起用して増上寺でライブも行なった。

「3M戦略を誰でも使えるように」。では「2013年のウォンツは?」2013年は「スマートフォンが欲しい」から「スマートフォンで何がやりたいか」へ。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 3

2013年のauは、スマートフォンを「使いこなす」をサポートするキャリアへ。スマートフォンを画面の中に閉じた情報端末にせず、交通レジャー仕事買い物趣味をサポートしてくれる、スマートフォンが生活とつながっていく可能性をサービスしていく。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 4

3M戦略の第二弾、スマートリレーションズ構想

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 5

auの4G LTEモデルはグローバルブランド、定番、auオリジナル、日本ブランドに振った4機種。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 6

最初はXperia UL。カメラは秒間15枚、無制限の連写機能。ディスプレイはグラビア印刷を超える、高密度。5インチ。音楽はこだわりを結集。WALKMANアプリ内蔵。コンマ数mmまでこだわった持ちやすさ。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 7

AQUOS PHONE SERIE。IGZOで驚きのバッテリー3日間。3080mAhのバッテリー搭載。カメラレンズはF1.9。0.4秒起動。なぞって振って声で応える操作感を実現。SERIEはザ・スタンダードのイメージとのこと。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 8

3つ目はURBANO。2700mAhのバッテリーが50分で急速充電可能。ケータイと同じ使いやすさを実現。シンプルなUIの「エントリーフォーム」。さらにスマートソニックレシーバーを搭載。前機種と幅・厚さ・重量はほぼ同じで大画面化(4インチ→4.7インチ)。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 9

4つ目はHTC J One。これだけムービーあり。やっぱりこれがフラグシップモデルのもよう。ベースはHTC Oneでこれを日本向けにアレンジ。キャッチフレーズは「こんなの、はじめて。」

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 10

カメラ機能「HTC Zoe」。ピクセルサイズを大きくすることできれいに早く写真を撮れる。カメラを立ち上げると常に動画を取り続けているので、シャッターの1秒前から3秒後までの静止画と動画を記録可能。新しい写真のとり方を提案。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 11

音を浴びる感覚が味わえる「デュアルフロントスピーカー」。Beats Audioも健在。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 12

フルメタルボディ。地平線をイメージした丸みを側面だけでなく上下面にももたせているとのこと。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 13

アクセサリーも豊富。HTC J One Miniという子機として使えるアクセサリー。ハードシェルカバーやモバイルバッテリーも。そのほか、ソニーのBluetoothスピーカー、フルセグチューナー、充電器もいろいろ。カバー、タッチペンもたくさん。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 14

「スマートリレーション構想」について。昨年3月がauスマートパス開始。まずはサービスの振り返り。auサービス史上最速で600万人突破。iOSでもサービス拡張。「ジブリの森」も開始。これをもう一段アップグレードする。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 15

「使いこなす」をプラスして、毎日を「Simple & Lucky」にする。スマートパスのUIがTwitterのようなタイムラインUIに。アプリだけでなく、自分のいる場所に応じた交通情報やグルメ情報、タイムセールス情報なども流れてくる。ユーザとサービスをつくる「auスマパス総会」スタート。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 16

タイムラインUIにすることでプル型からプッシュ型に。提供から共創へ、アプリから生活へ。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 17

ぴあとauがコラボしてスマパス会員限定のチケット先行予約、限定ライブ、限定映画試写会なども。プッシュ型のタイムラインUIは10〜15分毎に更新。気になる情報をタップしてすぐに再生。ニュースもアプリも動画もおなじように扱えるシンプルさ。オトクな情報を届けるラッキーさ。今後は個人個人に合わせて届く情報が変わっていく。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 18

「auスマパス総会」は毎月テーマを用意してみんなの意見で決めていく。au版「やりましょう。」とのこと。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 19

さらに、HTCとauのリレーションを新しい領域へ。HTC BlinkFeedとauスマートパスを連携。HTC BlinkFeedは各種SNSやニュースなどを一括で楽しめるHTCが推進するサービス。

【au新製品発表会】会場からリアルタイム更新でお届けします 20

スマートリレーションの2つ目(1つ目はスマパスの強化)。「auスマートサポート」。

よりスマホを使いこなすためのサービス。サポートサービスをいままで以上に強化。お客さまの要望に合わせて新しいスマホの使い方を発見させる。専任アドバイザーが丁寧に教えてくれる。予約すれば24時間通話でサポート。さらにスマホ訪問サポートも開始(別途費用)。さらにスマホを購入する前にお試しできるレンタルサービス、iPhoneとAndroid1機種(おそらくURBANO)。

第3のスマートとして「auスマートサポート」を育てていく。6月6日スタート。

プレゼンはまとめへ。auはスマホを「使いこなす」キャリアになっていきたい。リアルな生活、お客さま、デバイスとのリレーションをより強化していく。田中社長のプレゼンは終了。

剛力彩芽さんが鮮やかな青のドレスで登場。田中社長も剛力さんと会えて体調がよくなったみたいです(笑)

ドッキリCMの裏話について。ホントに和田アキ子さんが出てくるとは田中社長も知らなかったとのこと。新CMについて、剛力さん出演のチャネルauシリーズに、新メンバーが加入。それは...

きゃりーぱみゅぱみゅさん!

きゃりーぱみゅぱみゅさんに田中社長「かわいいですね」とデレデレ。auの新CM曲「のりことのりお」をちょっとだけ披露。

質疑応答

Q:スマートリレーションのサービスの良さをどう実感してもらうのか?

A:スマートパスは触ってわかるはず。今年1000万人を目指す。

Q:スマートサポートの対象範囲は? 訪問サポートの実施時間は? 従来のショップでの相談との切り替えは?

A:サポート範囲はスマホがメイン。有料オプションに関してはタブレットも可能。auひかりなどのサポートはしない予定。時間についてはおおよそ1時間程度。すこし前後することはある。ショップでのサポートは今までどおり行なう。スマートサポートはすぐに聞きたい人向け。

Q:100Mbpsの4G LTEのエリア展開について(今は四国の一部だが)

A:15M帯域を使用するのでネットワークの空いているところから順次行なっていく。

Q:端末をしぼった理由。フルセグ対応機種など高機能端末がなかったが、他社との差別化ポイント。

A:4機種に厳選した。われわれはフルセグはチューナーで提供。家で見るならこちらがいいと現時点で考えている。差別化のポイントは「スマホの使いやすさ」。それはデザイン上の持ちやすさとau独自のサービス。

Q:秋冬は端末増やすの?

A:商戦期を考えればそうしたいと考えている。

Q:4機種で十分? フィーチャーフォンとスマホの割合は?

A:夏の商戦はそんなに大きくない。バランスを考えて特長を出しているのでこれでいいと考えた。スマホは慣れてしまえば新たな発見があるのに、初期設定などでつまづく人が多い。それがもったいない。スマホの使い勝手を教えたいのでスマートサポートを始めた。フィーチャーフォンは秋以降をお楽しみに。スマホ初心者向けのUIもURBANOに用意した。

質疑応答は以上です。このあと端末のタッチアンドトライの様子もお届けしますねー。

au by KDDI

au 発表会 2013 Summer 特設サイト

(ギズモード編集部)