【au新製品発表会】グラビア印刷を超える高密度443ppiディスプレイ搭載。「XPERIA UL」の高品質を知ってしまうと、もう他のスマホには戻れないかも

【au新製品発表会】グラビア印刷を超える高密度443ppiディスプレイ搭載。「XPERIA UL」の高品質を知ってしまうと、もう他のスマホには戻れないかも 1

思わず見とれてしまう、ずっと眺めていたくなるディスプレイ。

ソニーらしい高品質とエンタメの融合を高次元で実現したハイエンドモデル。今回発表された「XPERIA UL」にはそんな印象を持ちました。キャッチコピーは「またひとつ究極が、近づく」-ソニーブランドの技術力が集結された、一切の妥協を許さないスマホの登場です。

【au新製品発表会】グラビア印刷を超える高密度443ppiディスプレイ搭載。「XPERIA UL」の高品質を知ってしまうと、もう他のスマホには戻れないかも 2

手にとって思わず一目惚れ。洗練されたボディ形状がとにかく手に馴染む。

パワーキーとカメラリングには本物の金属が用いられ、エレガントな雰囲気漂います。主要な操作はホームからワンタッチで行えるので、片手でラクラク使えるのが印象的でした。

【au新製品発表会】グラビア印刷を超える高密度443ppiディスプレイ搭載。「XPERIA UL」の高品質を知ってしまうと、もう他のスマホには戻れないかも 3

XPERIA ULのウリのひとつが約5.0インチの巨大ディスプレイ。とにかくデカくてキレイ!グラビア印刷を超える高密度443ppiディスプレイが、写真や動画を圧倒的迫力で映し出します。

またコンテンツの解析度に応じて自動で画質を最適化するモバイルブラビアエンジン2を搭載しているため、どんな画像でも色彩あざやかにきめ細かく表現。XPERIA ULのカメラを使って撮影した写真も、自分の腕が上がったと勘違いするくらい綺麗に表示されましたよ。

【au新製品発表会】グラビア印刷を超える高密度443ppiディスプレイ搭載。「XPERIA UL」の高品質を知ってしまうと、もう他のスマホには戻れないかも 4

そのカメラ機能もXPERIA ULのこだわりがつまった部分。au版のみの特典としてカメラキーを搭載しており、まるでデジカメのように撮影を行うことができます。

そして撮影される写真や動画のクオリティを底上げしてくれる「プレミヤムおまかせオート」や「HDRビデオ」「ノイズリダクション」といった便利な機能も搭載。誰でも簡単に高品質の作品を楽しむことができますよ。(あ、さっきのカメラの腕が上がったと思った勘違いはこれも要因なのかも!)

【au新製品発表会】グラビア印刷を超える高密度443ppiディスプレイ搭載。「XPERIA UL」の高品質を知ってしまうと、もう他のスマホには戻れないかも 5

充実したエンタメ機能もXPERIAならでは。おなじみWalkmanアプリは標準搭載され、ウォークマンと統一されたUIで直感的に操作が可能。

イコライザーの調整はもちろん、ソニー独自のバーチャルサラウンド技術「Clear Phase Technology」も搭載され、「スタジオ」「クラブ」「コンサートホール」のパターンから臨場感ある音質を選べます。実際に音楽を流してみたら、高級オーディオさながらの迫力でビックリしました!

またauのみの機能「イルミネーション機能」を用いれば、楽曲に応じた色でLEDライトが発光。ライブ会場さながらの盛り上がりで音楽を楽しめるんですって。こういう遊びゴコロ、大好きです。

130520xperia_gallery1130520xperia_gallery2130520xperia_gallery3130520xperia_gallery4130520xperia_gallery5130520xperia_gallery6

無数に存在するスマホのなかで、どの端末を選ぶか。価格で選ぶこともできるけど、毎日使うものだからやっぱり高品質なもの、いつでも「使いたい」と思えるような端末にしたい。XPERIA ULはそんな欲求をあまねく満たしてくれる、文字通り「究極」の端末でした。

サイズ:約135×71×10.5mm

重さ:約145g

OS:Android 4.1

ディスプレイサイズ:約5.0インチ フルHD

カメラ:約1310万画素

CPU:1.5GHz(Quad Core)

バッテリー:2300mAh

その他:防水、防塵、赤外線、ワンセグ、NFC(FeliCa搭載)

Xperia UL SOL22[au]

(KITAHAMA Shinya)