auが不当表示。iPhone 5が最大75Mbpsでつながるのは人口カバー率14%のエリアのみ

130522kddi01.jpg

auが揺れています。

iPhone 5が4G LTEの最大75Mbpsでつながるのは人口カバー率にして96%ではなく14%のエリアのみであったとして、消費者庁から不当景品類及び不当表示防止法第6条の規定に基づく措置命令を受けた問題。受信時最大100Mbpsに対応といううれしいニュース(ただしまずは四国のみ)もあったのですが、それをもって余りある衝撃です。

auの4G LTEはAndroidとデータ通信端末向けには800MHz帯・1.5GHz帯、iOS端末向けには2.1GHz帯を使用していますが、最大75Mbpsエリアの人口カバー率が96%だったのは前者のみで後者は14%。なぜこんなことになってしまったの...。ただし、2.1GHz帯であっても最大37.5Mbpsのエリアは14%よりは広いとのこと(現状はエリア未公開)。

かくいう自分もauのiPhone 5を使っているのですが、自分の行動範囲ではほとんどがLTEで通信できていると思います。これは最大37.5Mbpsのエリアが整備されている地域だったのでしょうか。また、別の問題ですがLTEから3Gに切り替わり「◯表示」が出てパケ詰まりを起こすこともけっこうあるのでこれも改善をお願いしたいところ。

さらに、あわせて田中社長の月例報酬の20%を3ヶ月間減額などの関係責任者の報酬の一部返上は発表されましたが、今回の規定違反を理由とした無償解約、返品も行わないもようです。次期iPhone(iPhone 5S)の登場が夏とも秋とも言われている中で割賦金が残っているau版iPhone 5ユーザには辛い話ですね。

いずれにせよ、最大37.5Mbpsのエリアだけでも早い時期に公開してほしいものです。

当社に対する措置命令に関するお詫びとお知らせ[KDDI株式会社]

(松葉信彦)