Chromeの音声検索が会話型に! 「あのー、ほら、彼」ってのもわかってくれる。

Chromeの音声検索が会話型に! 「あのー、ほら、彼」ってのもわかってくれる。  1

聞いてます...。

最新のChromeで、スタートレックな未来が見られるようになりました。音声で使える「会話型検索」が登場して、ユーザーが何を検索しているのか検索フレーズ内で明示しなくても、Googleが前の検索を参照して理解するようになったんです。人間と会話してるみたいです。

GoogleがI/Oでデモした通り、Google検索はますます賢くなっています。音声検索自体は前から可能でしたが、最新版ではたとえば代名詞が何を指しているかを理解してくれます。なので「Who is Daniel Craig?」って聞いた後、「How old is he(彼は何歳)?」って聞いた場合、その「彼」がDaniel Craigを指してるってことをGoogleは理解してるんです。

この検索機能を使うには、最新版のChromeで英語版Googleにアクセスし、音声で検索します(テキスト入力では対応してない模様)。また、GoogleのSearch Trialにオプトインしていれば、他にも面白い機能がいろいろ試せます。たとえばGoogleに「今日何がある?」って聞けば、カレンダーのイベントリストを表示してくれます。Google Glassみたいに、「OK、Google」って言えばハンズフリーで検索できる機能はまだありませんが、これもそのうち登場しそうです。

訳者も試してみましたが、本当にちゃんと「he」とか「she」で理解してくれました! ただ英語なので、発音が良くないと音声認識自体が間違っちゃいます...。あと日本語版Googleでは、まだ代名詞の理解をしてないような挙動でした。日本語の場合は、代名詞を言わずに省略しちゃう(「彼は何歳?」と言わずに「何歳?」で済ませる)ことが多いですが、そこもわかってくれるようになるんですかね~。でもこのへんは100%できなくたっていいから、どんどん新しくしてほしいです。

Android Central via The Verge

Eric Limer(原文/miho)