FacebookやTwitterなどSNSであなたをアンフォローした人を知る方法

FacebookやTwitterなどSNSであなたをアンフォローした人を知る方法 1

ソーシャルメディアで、友達やフォロワーの数が突然落ち込んだのはなぜだろう、と不思議に思ったことはありませんか? 今度相手に会ったときに、「アンフォローするなんてひどいじゃないか」と責める相手を知りたかったり、Twitterでフォロワー数が一気に減った原因を探っていたりするのかもしれませんね。

その理由まではわからないにしろ、デジタルな世界であなたを振った人を、もれなく把握する方法はあります。Facebook、Twitterについて、それぞれを紹介しましょう。

Facebookであなたを友達から外した人を把握する

Facebookの友達リストから、複数の人の名前が消えていることに気づいたら、自分が書いた内容のいったい何が人々を怒らせたのだろうと心配になりますよね。実を言うと、相手があなたを友達から削除したのは、あなたのことが嫌いになった可能性もあるとはいえ、単に自分のアカウントを閉じたか、一時的に停止しただけという場合もあります。

あなたを友達から削除した人を把握するには、ブラウザ拡張機能「Social Fixer」をオススメします。Social Fixerは、さまざまな手法でFacebookの使い方をカスタマイズしてくれますが、優れもののFriend Trackerも内蔵していて、次のような手順で作動させることができます。

1. 拡張機能をインストールしたあと、FacebookのSocial Fixerアイコン(スパナの図柄です)をクリックする。

2. 「Layout」タブをクリックする。

3. 「Friend Tracker」のボックスにチェックを入れる。

これで終わりです。今後フェイスブックにログインすると、最近あなたを友達から削除した人がいた場合、その相手がわかります。相手が自分のアカウントを停止したのか、それとも、あなたを友達から削除したのかもわかります。

Social Fixerは少し荷が重いかなという人には、「Unfriend Finder」がいいでしょう。このユーザースクリプトには、最近あなたを友達から削除した人を示す機能しかありません。ただし、Chromeで動作させるには(英文)、手を加える必要があります。

Social FixerもUnfriend Finderも、過去まではさかのぼれません。つまり、過去にあなたを友達から削除した人は誰かを確認したくても、答えは得られません。

Twitterであなたのフォローをやめた人を把握する

Twitterでアンフォローした人を知るためのオプションは、驚くほどたくさんあります。どれを使うかは、ふだんどういう手段でTwitterを使っているかで変わってきます。飛びぬけて簡単な方法は、UnfollowrのTwitterアカウントをフォローすることです。誰かがあなたのフォローをやめると、ダイレクトメッセージを送ってくれます。

Twitterアプリ『Who Unfollowed Me』も簡単なオプションで、1週間単位であなたのフォローをやめた人を教えてくれます。ただしこの2つのオプションは、誰かがフォローをやめたときに即座に教えてくれるわけではありません。

デスクトップ用アプリをよく使う人には、Macなら『ByeByeBirdie』がオススメです。フォローされなくなると、簡単な通知を送ってくれるものです。残念ながら、Windows用のオプションを見つけることはできませんでした。

フォローされなくなったら、どこにいてもすぐに知らせてほしい場合は、iOS用の『Sayonara』、Android用の『JustUnfollow』がいいでしょう。どちらも、フォローされなくなったら通知してくれます。

ライフハッカー[日本版]ではさらにInstagram、Tumblr、Pinterest、Google+で、あなたのフォローをやめた人を把握する方法を紹介しています。下記リンクからどうぞ。

なお、こうした機能で、「あなたの考えはもう聞きたくない」と思っている人が、かなりはっきりわかるはずですが、その情報を個人攻撃とは考えないようにしましょう。

FacebookやTwitterなどSNSであなたをアンフォローした人を知る方法[ライフハッカー]

(ギズモード編集部)