米ギズFitbit Flex 使用レビュー、これは微妙かもしれない...

米ギズFitbit Flex 使用レビュー、これは微妙かもしれない... 1

日本ではソフトバンクが月額490円でFitBit Flex対応サービスを開始するそうですが、こちらは米ギズの詳細なFitbit Flex レビューをお届けします。

ただし(基本性能は変わらないと思いますが)ソフトバンクの提供するアプリやサービスとは異なりますのでご注意を。

前モデルのFitbit Oneは素晴らしい活動量計ですよね。たった7ヶ月前に登場したばかりなのに、前モデルを覆して競合多きリストバンド型モデルを投入してきたのです。

デザイン

(未だ日本に上陸していない)Nike FuelBandやJawbone UPの人気に引っ張られたのかは知りませんが、Fitbitも同じようなデバイスを市場に投入してきたのは少々驚きです。

時には模倣や追従も大事なのかもしれないしね。

Fitbit One のデザインはオシャレかと問われれば微妙、ベルトやブラジャーやポケット等にクリップでつけるタイプでついつい無くしてしまうことが結構ありました。

いくつかの機能を捨ててまで、Flexはこれらの問題を乗り越えたのです。

歩数を測ったり睡眠時の分析はこれまで通り可能ですが、登った階数の記録は出来なくなりました。

また時間の表示や歩数など、FitBit Oneにはディスプレイ表示されていた情報がFlexには何も表示されなくなりました。

なのでiOSやAndroidのスマートフォンなどで状況を確認しないといけなくなりました。

Fitbit Flexは、前モデルに備わっていた表示ディスプレイと高度測量センサーを捨て去り、より身に着けやすいデザインへと踏み切ったのです。

これには良い点と悪い点がありますね。

米ギズFitbit Flex 使用レビュー、これは微妙かもしれない... 2

小さく並んだ5つのLEDライトは、自分で設定した「今日の目標値」に近づくと点々と光ります。目標値はオンラインやアプリから設定できます。進捗を確認するには、Flexを2回タップします。目標値に近づいてきたらFlexは光ったりバイブが鳴ったりします。LEDが時々光る時以外、Flexの見た目は薄いバングル、またはチャリティーブレスレッドみたいな感じです。

ミニマルで控えめなデザイン、決して「ダサい」とは言えません。腕につけることによって安全過ぎるほど安全、無くす心配はほとんど無さそうです。

使ってみて

Oneとは違うものです。

1回充電すれば5日から10日は大丈夫、防水仕様のリストバンドを一度腕に着けてしまえば、決してその存在を忘れることはありません。Nike FuelbandやOneのように、FlexはBluetoothか直接USBでコンピューターに接続するか、iPhoneやAndroidデバイスで同期します。対応しているAndroid端末ならNFC経由でデータを移すことも可能です。

同梱のアプリは前バージョンと似ていますが、デスクトップのサイトの方はモチベーションを上げるためなのか、よりビジュアリーな感じになっています。(Nike Plus ポータルに少し似ていますね)

米ギズFitbit Flex 使用レビュー、これは微妙かもしれない... 3

去年以降登場している有名な活動量計(Nike FuelBand, Fitbit One, Larklife, Striiv Play, Jawbone UP, Basis B1, BodyMedia FITなど)を今まで調べたりテストしたりしていますが、今回は前モデルの正確なFitbit Oneと、Fitbit Flexで歩数等を比較してみました。

Oneの方は登った階数の記録にカロリー消費量の計算をしますが、Flexの方は高度測量器を外しているので、全体的な計測に影響が出そうですね。睡眠分析については正確性の問題から今回は対象外としています。(人によっては熟睡している時に、ビクビク動いたり「ンゴッ」と息を吸ったりしますが、3軸の加速度計は睡眠の邪魔をしたと解釈するみたいですね)

以下の表は歩数、距離、カロリー消費の数値のFlexとOneの比較です。

米ギズFitbit Flex 使用レビュー、これは微妙かもしれない... 4

たった4日間の数値なのですが、FlexとOneで図られた歩数は日に100単位で異なったり1000単位で異なったりしているんですよね...。数値が全然違う。どっちが正しくて間違っているのかよく分からなくなってきます。 これは期待していたものと正反対の結果です。

米ギズFitbit Flex 使用レビュー、これは微妙かもしれない... 5

良いところ

Flexは身につけやすくなり、無くす心配やバッテリーの心配から開放されたのは良いことですし、どんな服装にもだいたい合わせられるのも良いですね。Run KeeperやMy Fitness Pal 、Lose ItなどいったサードパーティのアプリともFitbitアカウントで連携できるのも良い感じだと思います。

悪い点

デスプレイも高度測量センサーも無くなり、バイブレーターアラーム機能もちょっと微妙。数値的にも前モデルのように正確ではないし、ミニマルすぎて運動に対するモチベーションが上がらないような気がします。Flexの充電器を無くしたら新しいものを買わないといけません。USB同期用ドングルは微妙に使いづらいですが、Bluetoothからモバイル端末に同期することができます。

これは買うべき?

100ドル(約1万円)程度で、フル機能のOneと同じような値段。

フレックスを購入する理由があまりあるとは思えません。

不正確で機能が削減、現存する活動量計の中でも一番モチベーションが保てない。

もし友人が、活動量計についてアドバイスを求めてきたなら、私はFlex以前のFItbit Oneか、Basis B1 をオススメすると思いますね。

米ギズFitbit Flex 使用レビュー、これは微妙かもしれない... 6

mayumine(PETER HA 米版