グーグルのチャットサービスはハングアウトに統合[ #io13 ]

どこから使ってもひとつのチャットに。

グーグルの乱立気味のチャットサービスが「Babel」(Babble?)に統合か? っては前からありました。が、結局グーグルのバラバラしたチャットをひとまとめにするのは、Google+のハングアウトってことになったようです。でも、今までの「ハングアウト」とはちょっと違います。

ハングアウトは、Google Talk、従来のハングアウト、Voice、Google+ Messengerをひとつのチャットサービスに統合したものになります。最終的にハングアウトの名前を残したのは、最近のグーグルのGoogle+推しの傾向を考えれば納得です。

具体的なサービス内容としては、全デバイス横断での同期ができるようになりました。さらにチャット履歴を見たり、メッセージを削除したり、それぞれのファイルを取得したりも可能です。グループチャットは人数制限なしで可能で、従来のハングアウトと同様、必要に応じてビデオチャットに移動したりもできます。

新しいハングアウトは複数プラットフォームから利用可能で、AndroidやChromeはもちろんiOSからも、GmailのWebクライアントからも使えます。ついにどんな環境からでもひとつのチャットが使える理想の環境が実現したようです。

Ashley Feinberg(原文/miho)