新しくなったGoogle+の写真機能、実際使ってみると...

デモがすご過ぎた?

Google I/O発表の中で、Google+の写真機能が非常に充実していました。写真をよりきれいに、より楽しくできて、しかもユーザー側では何もしなくてもOKってものです。意欲的だし、すごいって思ったんですが、実際使ってみると当たり外れがあるようです。以下、機能ごとにご紹介します。

オート・バックアップ

オート・バックアップ機能は、スマートフォンで撮る写真をすべてGoogle+に(非公開状態で)バックアップするというものです。シームレスに、面倒な操作もナシでバックアップ可能です。ただそれってGoogle+では前からそうじゃなかったっけ...っていえば、そうなんです。元々インスタント・アップロードと呼んでたものの名前を変えただけなんです。まあ、いいんですけど、新しい名前になるんなら何か新しい要素もあればもっとよかったな、と思います。

ハイライト

ハイライト機能のコンセプトはシンプルです。Google+がユーザーのアップロードした写真を分析して、その中でベストの写真を選び出して、それを目立つように表示させるというものです。全写真ももちろん1クリックで見られますが、ハイライトではぼやけた写真とか露出過多・不足の写真、複数枚同じ中身のものを除いて、大事な人やランドマークを抽出して見せようとしています。

この機能はなかなかちゃんと動いています。ピンボケ写真はほぼ回避して、より良い写真をピックアップしています。毎回必ずうまくいくわけでもありませんでしたが、ヒットと呼べる程度には安定していました。レイアウト(冒頭画像参照)も良いです。

オート・エンハンス

130518_gphotoho2.gif

この機能はデフォルトでオンになっていて、イマイチな写真も自動で良い写真にしてくれるってものです。露出に問題があっても修整してくれるし、ぼかしたり、赤目修正、肌のシワ取り、などなどが可能です。Googleのデモではもう劇的に改善してました。が、実際どうかっていうと...うーん、残念ながらやはりデモみたいにうまくはいきません

ほとんどの場合、オート・エンハンスを使っても違いは微妙なものでした。どこが変わったのかわからない場合すらあります。たいてい多少は改善していて、ちょこっとシャープになったり、若干コントラストが調整されたりはしています。が、デモで見たような「おおおお!」ってなものじゃないんです(少なくともテストした限り)。僕は今あんまり良くないスマートフォンのカメラを主に使っているので、多分この機能はデフォルトのままオンにすると思います。でも良いカメラを使ってる人は、必要ないと思います。どっちにしても、加えられた修整を元に戻すのは簡単です。

オート・オーサム(Awesome=すごい)

日本語でいえば「自動すごい機能」って感じで、名前からして一番興味を引かれました。基本的にはGoogle+が一連の写真を分析して、勝手に何かしら面白い加工をしてくれるってものです。たとえば連続写真をアニメーションGIFにしてくれたり、コラージュにしてくれたりします。複数の写真からパノラマ写真を作ることもできます。露出の違う3つの写真からひとつのHDR写真を作ってくれたりもします。って、機能自体はすごそうに見えるんですが、どうも安定して使えませんでした

130518_gphotoho3.gif

アニメーションGIF作成機能に関しては、大体うまくいきました。一連の写真を同じフレーミングで撮ってオート・バックアップして5分くらい放っておくと、勝手にGIFができていて他の写真の横に並んで表示されています。毎回うまく行ったわけじゃないんですが、結果はかなり満足いくものでした。

130518_gphotoho4.jpg

一方パノラマ写真合成機能の方は、5回トライしてやっと1回できるって具合でした。でもできあがった写真(上画像)はもともと3つの縦長写真だったんですが、つなぎ目もわからないし露出の違いもちゃんと調整しています。ただ、5回のうち1回だけ成功っていうのはやっぱり良くありません。

130518_gphotoho5.jpg

コラージュ機能も、何回か試して1回しか使えず、しかも7枚ある写真のうち3枚しか使われませんでした。うまく動かない理由はよくわからず、アニメーションGIFの生成には成功している場合でも、コラージュはできませんでした。

最後にHDR写真作成機能ですが、これは1回もちゃんと使えませんでした。7回、違う写真でトライしたんですが(中にはキヤノンの5D Mark IIIで撮った写真もあったんですが)、ダメでした。毎回きっちり同じフレーミングで3つの写真を、違う露出レベルで撮ったんですが、何もできませんでした。オート・オーサム機能のすべてが2、3回は失敗したんですが、中でもHDR写真合成は一番ダメでした。

オート・オーサム機能はすごいんですが、それは使えればの話で、今は安定してないので、安心して使えません。全自動ってコンセプトはわかるんですが、今はその自動化部分がちゃんと働いてないので、アニメーションGIFとかコラージュとかHDR写真にしたい写真を自分で指定できる方が良いんじゃないかと思います。

まとめ

というわけで、Google+の新写真機能はそれなりに楽しいし使えるものなんですが、安心して使えるようになるまではそのメリットは限定的だと思います。この中で何がキラーかといえばシームレスなバックアップ機能くらいで、しかもそれは前からあった機能です。オート・オーサム機能がこれからもっと安定していけば、すごく面白いものになると思います。なのでさしあたりは、アニメーションGIFでも作って遊んでようかなって思います。

Brent Rose(原文/miho)