16日深夜1時(日本時間)スタート、今年のGoogle I/Oで発表されること大予測! 

16日深夜1時(日本時間)スタート、今年のGoogle I/Oで発表されること大予測!  1

毎年恒例、デベロッパーのお祭りGoogle I/Oが、サンフランシスコで15日から3日間開催されます(日本時間では16日深夜01時)。

初日に行われる大注目の3時間のキーノートで何が語られるのか、今からワクワクドキドキが止まりません。ギズでも当日は速報でお届けしていくつもりなので深夜ですがぜひともお付き合い下さいね! 以下、Google I/Oに関する噂の総まとめをお届けします。Google I/O事前予習にぴったり!

新しいハードウェアは無さそう?

去年のI/OはNexus端末オンパレード状態でした。Chrome/Androidの責任者サンダー・ピチャイ(Sundar Pichai)氏がWiredに語ったところによれば、今年のカンファレンスでは新しい製品を華々しく発表するよりも、ChromeやAndroidのエコシステムの良さにフォーカスするつもりであるとのことです。

どうやら今年は「大目玉製品」は無さそうで、せいぜい新Nexus 7が発表されるといったところでしょうか。いや、もしかしたらピチャイ氏はこのインタビューでは控えめに答えているだけで、もしかしたら何かすっごいのがあるかもしれません。

だって、新しい製品の話も無しに3時間もテックワールド的な話に終始するとか、考えたくないですもの。

Chrome-Androidハイブリッド化は(今のところ)無さそう?

16日深夜1時(日本時間)スタート、今年のGoogle I/Oで発表されること大予測!  2

Chromeの責任者がAndroidのトップに抜擢された事然り、将来的にはこの2つのオペレーティングシステムの統合を計画していることは明白です。しかしながら現状はそこまで辿り着いているわけでは無さそうです。

前述のWiredのインタビューでは、ピチャイ氏は基本的にその類の質問ははぐらかしていて「今のところそれは無い」みたいな感じですね。2つのプラットフォームはエコシステムとして統合される道を少しずつ前に進み出していると見て良いでしょう。

さらに言っておくと、Googleの競合各社はすでに取り組んでいるわけですよ。マイクロソフトはWindows 8 とモバイルOSのコンビネーションを実現しました。同じく、アップルの最新版OS XとiOSも同じ方向に進んでいる事は明らかです。

Image via Paul Wilcox

「Key Lime Pie」の発表はあるか?

16日深夜1時(日本時間)スタート、今年のGoogle I/Oで発表されること大予測!  3

今年のI/Oの目玉のひとつ、Androidがどう改善されたのか、改良されたアップデートの全てが明らかになるはずです。一部ではバージョン4.3だろう、一方ではいや5.0だ、などと言われていますが、Androidの次期版OSの名称は、去年のJelly Beanに続いて、「K」から始まるお菓子の名前「Key Lime Pie」です。

万が一I/Oで新しいバージョンを発表しないとすれば、今まで伝統を壊す事になるわけだけど、Jelly Bean がKey Lime Pieに進化すると思われるほどの事前情報があまり無いのが気になります。でもさっきも言いましたが、小さいアップデートの話だけで3時間もキーノートが持つわけが無い、だから期待したいですよね...!

Google Play Games

16日深夜1時(日本時間)スタート、今年のGoogle I/Oで発表されること大予測!  4

世間一般の人々はスマートフォンで主に何をしてるのか、それはTemple RunとかAndry Birdsなどのゲームで遊んでるのです。Google Play に新しいチーフゲームデザイナーが抜擢され、Googleはもうすぐゲームアプリに特化した「ゲームセンター」をリリースすると言われています。

これはかなりあり得る噂。

米ウェブメディアのAndroid Policeで言及されていましたが、「Google Play Services」バージョン3.1.36のAPKによると、ソーシャルネットワーク「Google+」を利用して、マルチプレイヤー機能、スコアランキング機能、およびクラウド同期機能を持つようになるらしいのです。

ただ現在のAndroid端末は全てバージョン3.0.27で動作しているため、確かめようがありませんが、この証拠は「堅い」と思いますね。

Image via Android Police

バベルの塔

16日深夜1時(日本時間)スタート、今年のGoogle I/Oで発表されること大予測!  5

Googleが提供する様々なチャットサービス(Google TalkやGoogle+のHangoutとか)が統合して新チャットプラットフォーム「Babel(バベル)」になるとの噂がありましたね。

しかしながら正式名は「Google Hangouts」になるようだと報じています。HangoutはGoogle + のメンバー同士で可能なグループビデオチャット機能がありますね。どちらにせよ、チャットのシステムが統合されてより良くなるのは期待したいところですね。

Googleの有料音楽ストリーミングサービス?

16日深夜1時(日本時間)スタート、今年のGoogle I/Oで発表されること大予測!  6

GoogleがSpotifyやPandraのような音楽ストリーミングサービスを立ち上げる計画を進めているという噂がありました。このサービスは2011年に登場したGoogle Musicの拡張サービスとして提供されると思われます。このサービスの準備は着々と進んでいるようですし、Google I/Oで発表されない理由が無いはず。

しかしこの有料購読モデルはGoogle Music上で展開されるのか、Youtube上で展開されるのかで少し様子が変わってきます。

前者であれば予想通りな展開、Google Musicはすでに存在していますしね。しかしながらYoutubeも最近有料購読チャンネルを始めたばかり。音楽の有料購読モデルはYoutubeのブランドで行われる可能性があるという推測もあります。

まあ、どちらにせよ日本にはあまり関係の無い話のような気がしますけど。

Google Glass関連では何かあるかな

16日深夜1時(日本時間)スタート、今年のGoogle I/Oで発表されること大予測!  7

去年のI/OのGoogle Glassのデモでは、Google Glassを着けた人がリアルタイムでスカイダイビングしてみせたりしていましたね。さらに米国在住者の出席者限定で、Glass Explorer プログラムを発表、1500ドルで先行販売が発表されました。きっと今年も何かあるはず! 

新Nexus 7 が発表される可能性は大いにあり

16日深夜1時(日本時間)スタート、今年のGoogle I/Oで発表されること大予測!  8

去年のI/Oでは、ASUS製のNexus 7が発表、最高のAndroidタブレット端末だった事は記憶に新しいですね。今年も新型Nexus 7 を発表する...というのは理にかなっていると思うんですよ。アナリストもそう予測してる人が多いみたいですし。

1920×1200ピクセルの高解像度ディスプレイ、5メガピクセルのカメラにボディは8mmの薄さ、しかも価格は据え置き199ドルとの噂です。

これは期待せずにはいられません。

Google TV、またはメディアストリーミング?(でもNexus Qは無さそう)

16日深夜1時(日本時間)スタート、今年のGoogle I/Oで発表されること大予測!  9

ここ数年、Google TVは中途半端なプラットフォームとして進化してきましたね...。ハードウェアメーカーは、 セットトップボックスもTV内蔵型ネイティブOSの実装もいまひとつ成功していません。Googleは自社製のハードウェアを提供するか、魅力的なOEMモデルを提供するかしないと無理なのではないでしょうか。

そういえば、去年のI/Oで発表され、プレオーダーの出荷が終わる前に販売終了した、球体のストリーミングメディアプレーヤーNexus Qもありましたね。今回のGoogle I/Oで再登場する可能性は無さそうですが。

新スマホ登場の可能性は低いかも...

16日深夜1時(日本時間)スタート、今年のGoogle I/Oで発表されること大予測!  10

Nexus 4 はとても素晴らしく、Androidの良さが存分に引き出されている端末だと思います。しかしながらハードウェア的なデメリットもあって、例えば、LTE非対応、カメラもひどい。それでもNexus 4は素晴らしいのですが、今のところ白バージョンのNexus 4が出るとか出ないとか、あまり信頼できない噂しか聞こえていないのが現状です。

また、Googleは子会社化したモトローラと共同で「X Phone」なるスマートフォンを開発中とのことですが、I/Oで発表される気配なし。Galaxy S IVやHTC Oneの登場などはAndroid OSの有力なハードウェアが続々登場していますけどね。

さてさて、Google I/Oはいよいよ明日(日本時間16日深夜01時)! 何が発表されるのか、楽しみです。

mayumine(MARIO AGUILAR 米版