今やiPhoneはベストAndroidフォン!? Google NowがiOSに搭載された意味(動画あり)

今やiPhoneはベストAndroidフォン!? Google NowがiOSに搭載された意味(動画あり) 1

極論のようで、実は...。

Google NowがiPhoneにやって来ました。iPhoneユーザーは、Googleのもっともパワフルな機能を使えるようになったんです。でもこのことにはもうひとつの意味があります。Google NowがiPhoneで使えるようになったことで、iPhoneは一般的なAndroid端末よりも優れたAnroid端末になったんです。

どういうこと? って、以下ご説明します。

Androidエクスペリエンスとは

本当に最高のAndroidスマートフォンを求めるなら、Galaxy S4とかNexus 4、HTC Oneを手に入れるべきです。それらフラッグシップ機は、パワフルなハードウェアと最新のAndroid OS、Jelly Beanを搭載しています。文句なしに優れたAndroidスマートフォンです。

でも、優れたAndroidフォンは市場全体から見ればマイノリティです。Jelly Bean搭載端末は、Android端末全体の25%に過ぎません。つまり75%ではJelly Beanの機能であるGoogle Nowが使えないんです。

今やiPhoneはベストAndroidフォン!? Google NowがiOSに搭載された意味(動画あり) 2

そして古いAndroidフォンのほとんどに対しては、今後もAndroidのアップデートが提供されないままです。そして仮にアップデートがもらえたとしても、個々のアプリのアップデートは、それがGoogleによるものであっても、さらに時間がかかります。

一方、Google検索アプリにGoogle Nowが追加されたということは、iOS 6搭載のiPhone、つまり2009年のiPhone 3GSまで含めたiPhoneでは、Androidの目玉機能を使えるってことです。

そしてそれは、Google Nowに限ったことじゃありませn。GoogleのiPhoneアプリはApp Storeに現在25本あります。そのほとんどは過去3ヵ月以内にアップデートされていて、かつ多くの人が使うものです。Gmail、Google Maps、Chrome、などなど。Androidフォンのソフトウェアアップデートに時間がかかるのに対し、iPhoneではつねにアプリが最新に保たれているんです。そしてこれらのアプリは連携していて、Google Nowで道案内をしてもらおうとするとGoogle Mapsが開かれ、Appleのマップアプリは開かれません。Googleアカウントでサインインしている限り、ひとつのデバイスでしていることは別のデバイスにも引き継がれます。

このGoogleアプリの恩恵を、iPhoneの美しいボディに合体させれば、他に類を見ない優れたパッケージになります。最高のAndroidエクスペリエンスが、Googleエクスペリエンスの形で得られるんです。

iOSにできないこと・できること

でも、Androidの良さはGoogleアプリだけじゃありません。iOSのデスクトップエクスペリエンスは、AndroidのFrozen Yogurtよりも融通が利きません。iOSの通知機能はGoogleのサービスをシームレスに取り込めず、iOSはAndroidのカスタマイズ性にまったく追いついていません。

でもそんな反論もほとんど覆せてしまいます。iPhoneをJailbreakしてしまえば、Androidのroot化ほどのメリットはないにしても、App Storeのアプリも使い続けられるし、より自分の電話だっていう感じになります。または、よりAndroidっぽい感じになります。

もうひとつiOS側に足りないものは、iOS版Googleアプリの一部がたとえば最新のNexusで使えるアプリよりも一部機能において遅れを取っているってことです。でも少なくとも、iPhone向けアプリはそのうちアップデートされるという安心感はあります。

Googleの真のねらい

突き詰めると、GoogleはユーザーがAndroid端末でGoogleを使っているのか、他の端末なのか、あまり気にしていないんです。というか、何かしら使っていてさえくれればいいんです。この姿勢はすぐに変わることはなさそうです。オープン性は、Googleのサービスのすべての中に焼き込まれています。たとえばiMessageの真の目的のひとつがユーザーの囲い込みにあるのに対し、GoogleではGoogle DriveやGmail、その他数々のプラットフォーム非依存のサービスを構築してきました。だって、より多くの人がGoogleを使えば、Googleではより適した広告を出せるからです。

iPhoneはそんなGoogleのオープンさの恩恵を受け続けてきました。特にGoogle MapsやYouTubeアプリがiOSのデフォルトアプリでなくなってからは、むしろその方が良いものになっていました。そしてAndroidの目玉であるGoogle NowもiOS向けに提供されたことで、Googleは自社サービスをより多くのユーザーに使われることの方を、Androidデバイスの魅力を高めることより優先しているのがはっきりしました。

これがユーザーにとってどういうことかというと、Googleの機能はこれからもiPhoneに、多くのAndroid端末よりも確実に提供され続けるだろうということです。

もちろん、HTC OneやGalaxy S4を買うのは良いことです。でもそれは、それぞれの端末のデザインやUIやカメラやその他の独自機能を求めるなら、ということです。もしGoogleの機能が使いたいだけなら、iPhoneだって十分に、むしろAndroidデバイスよりも確実に、使えるってことです。

Brian Barrett(原文/miho)