Kinectでのプレイを「空気」のフィードバックでもっと面白く。ディズニー・リサーチが技術開発(動画あり)

Kinectでのプレイを「空気」のフィードバックでもっと面白く。ディズニー・リサーチが技術開発(動画あり) 1

空気がゲームからのフィードバックを伝えてくれる。

マイクロソフトのKinectを使うと、好きなゲームをハンズフリーで楽しむことができます。でも物理的なコントローラーを使わないってことは、ゲームプレイからのフィードバックがなくなって、若干の物足りなさもありました。その点はみんな、まあ仕方ないトレードオフだと思ってたんですが、ディズニー・リサーチの研究者はあきらめませんでした。ユーザーに空気を当てることで、ゲームからのフィードバックを与える技術を開発したんです。

その名も「Aireal System(エアリアル・システム)」。Kinect搭載のXboxに接続されて、画面の動きに応じて高速の空気の渦をユーザーに当てる仕組みです。Aireal SystemはKinectの3Dデータにもすべてアクセス可能なので、ユーザーがどんなにガンガン動いてもちゃんと狙ってユーザーに空気を当てられます。FPSで撃たれたらその衝撃があったり、ドライビング系ゲームで文字通り風を切って走る感覚になれたり、とかするんでしょうか? 没入感がすごそうです。下の動画の0:44あたりでデモが見られます。

あ、ってことは、エアコンにAireal SystemとKinectが付いてたら、つねに自分に冷風(温風)が当たるようにもできるってことですね! ゲームでの応用も含めて、ぜひ早く実用化してほしいものです。

Aireal via Geek

Andrew Liszewski(原文/miho)